酒好きNO.1はいったいどの県?日本酒消費量ランキングTOP10を調べてみた!

KURAND
KURAND
2016/06/03

みなさまこんにちは!KURAND SAKE MARKETでは、日本各地の酒蔵のお酒を取り揃えられているように、現在、日本には1500以上もの酒蔵があり、地域によって蔵の数は異なります。

では、実際に日本各地で、日本酒はどのくらい飲まれているのでしょうか?今回は、都道府県別に見た清酒の消費量が多い都道府県をランキング形式でご紹介していきたいと思います!

※1人あたりの酒類販売(消費)数量データは、国税庁「酒のしおり(平成27年3月)」を参照しています。

第1位:新潟県【12.4L】

niigata出典:wikipedia

第1位は納得の、新潟県。酒造りに適した米と水の揃う、日本有数の酒どころであり、この結果は誰もが頷いてしまいますね。端麗な味わいの新潟県の日本酒は全国的に人気が高いと同時に、その土地の人々からも愛されていることがうかがえます。

第2位:秋田県【9.3L】

akita出典:wikipedia

第2位は秋田県です。こちらも、1位の新潟県と同じく米どころとして名を馳せています。また、日本酒に限らず、1人当たりの酒類販売(消費)量でも、全国5位以内に入っており、お酒好きな人が多い県だと言えそうです。

第3位は3つの県が同率ランクイン!

第3位はなんと、同量で3つの県が並びました!

第3位:山形県【8.0L】

yamagata出典:wikipedia

山形県は、全国的に人気の高い銘柄を多く生み出していることで有名です。また、米と酵母、水の全てを山形県産のものにこだわった酒造りを行うなど、地域をあげての日本酒造りがなされています。

第3位:福島県【8.0L】

fukushima出典:wikipedia

福島県は、独自の酒造好適米の開発など酒造りの研究にも力を入れています。また、日本酒に関するイベントが積極的に開かれており、日本酒を飲む機会が広く設けられているこのランキングに影響していると考えられます。

第3位:富山県【8.0L】

toyama出典:wikipedia

富山県は、先日KURANDでも「可愛いトランプのラベル、富山県の「DESPERADO」は嫉妬するくらい美味しい。」という記事をご紹介したように、KURAND SAKE MARKETでも人気を博すお酒が揃っています。新潟と同じく、北陸地方に位置し酒造りに適した環境であることから、地酒を愛し、飲む人が多くこのランキングに入っているのではないでしょうか。

6位も同率で2つの都道府県がランクイン!

6位に輝いた県も、同率で2つありました。どちらも中部地方からのランクインです。

第6位:石川県【7.9L】

ishikawa出典:wikipedia

1位に輝いた新潟県、3位の富山県と同じく日本海に面した中部地方の石川県。日本で初めて世界農業遺産に認定された能登は、豊かな自然に育まれ、酒造りもさかんです。KURAND SAKE MARKETでも大人気の「KAZMA」を醸す数馬酒造をはじめ、日本を代表する多くの蔵が位置しています。

第6位:長野県【7.9L】

nagano出典:wikipedia

石川県と同じく6位にランクインしたのは、長野県です。内陸に位置する長野県は、飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈を有し、山々から長い年月をかけて湧き出た美しい水による酒造りが行われているのが特徴的です。「夜明け前」という銘柄で有名な小野酒造店や宮坂醸造の「真澄」など、質が高く濃やかな味わいの日本酒造りがなされています。

第8位:島根県【7.5L】

shimane出典:wikipedia

8位は島根県です。島根県は、古くから日本酒造りの技術を有していた、酒造りの長い歴史を持つ県です。「出雲国風土記」に八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するために8度にわたって醸す酒の描写が存在することから、この地での出来事が、その後日本酒発祥に影響を与えたと考えられています。そんな古くから酒造りの行われている島根県は、東西へ横に長く位置しているため、地域によって特色を持つ日本酒が醸されていることが特徴です。

第9位:福井県【7.4L】

fukui出典:wikipedia

なんと、中部地方の日本海側・全ての県が、10位以内にランクインしているという結果に! 日本海側に位置する福井県は、盛んな酒造りがなされていると同時に、純福井産の「ふくいうらら」酵母という独自の酵母開発を成し遂げるなど、その酒を見ると、土地の人々の酒造りへの思いが強く伝わってくるのが特徴的です。

第10位:鳥取県【7.3L】

tottori出典:wikipedia

10位に入ったのは鳥取県です。鳥取県は「玉栄」という酒米の生産地でもあります。柔らかで奥深く、お米の旨味を活かした酒造りによって、飲めば飲むほど、さまざまな味わいが引き出せる酒を醸しています。日本海側に面しており、海産物という酒肴がとびきり美味しいことも、酒類販売・消費量の多さにつながっていると考えられます。


以上、1人当たりの酒類販売・消費量の多い県TOP10についてご紹介して参りました。いかがでしたでしょうか? 予想通りの県があったり、意外な県がランクインしていたりと、都道府県別に見てみることによって、面白い発見があるのではないでしょうか。

お酒の販売量(消費量)は、お酒好きな地域を見る際の指針になります。ランクインした都道府県は、どこも日本酒造りにおいても知名度が高かったり挑戦を続けている蔵がある箇所ばかりです。ぜひKURAND SAKE MARKETで、これらの地域の日本酒を味わってみてください!

KURAND
KURAND

KURANDに関する情報をいち早くお届けする公式アカウントです。

KURAND SAKE MARKET 上野店

KURAND SAKE MARKET 新宿店

KURAND SAKE MARKET 大宮店

KURAND SAKE MARKET 渋谷店

KURAND SAKE MARKET 池袋店

Special Recommend

キャンペーン&プロダクト

KURAND CLUB

日本中の小さな蔵元の酒を、最高の状態で味わう、愉しむ、見つける新体験 定期購入サービス

Service

あなたにピッタリの日本酒と出会える

KURAND SAKE MARKET

日本酒は100種類以上!時間とお金を気にせず自由に飲み比べ!

KURAND PRODUCT

KURANDで飲めるお酒を紹介致します。

KURAND CLUB

全国各地の選りすぐりの蔵元による特別醸造の日本酒を、会員限定で毎月お届け。

KURAND EVENT

イベントを通じて、日本酒をもっと自由に気軽に楽しもう。

KURAND MAGAZINE

日本酒をKURANDをもっと楽しむコンテンツが盛りだくさん

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

KURANDメルマガ登録フォーム

KURANDの開催するイベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします

KURAND POST

KURANDの提供するサービスで改善して欲しい点や、こんなイベントを開催して欲しいなど、KURANDに関する自由な意見をお聞かせください。
返信が必要なお問い合わせはコチラ

Complete
投稿ありがとうございます。
今後のサービス改善の参考とさせていただきます。
instagram、Twitter、FacebookでKURANDをフォローして最新情報をチェック! kurandsakemarket