日本酒を恐れないでほしい。日本酒で幸せな世の中をつくるために蔵元が伝えたいこと|滝澤酒造 滝澤英之杜氏

KURAND
KURAND
2016/12/16

まだ飲んだことのない日本酒を飲むとき、どんな人がどんな思いで醸した日本酒か知って飲むと、日本酒はもっと美味しくなると思いませんか?そんな思いで始まった蔵元さんインタビュー、滝澤酒造・滝澤英之(たきざわ ひでゆき)さんシリーズも第三弾、最終回です。

前回までのインタビューでは、滝澤さんの幼少期から修行時代、そして現在のお酒造りやKURANDに対する思いなどを伺いました。

第一弾はコチラ
第二弾はコチラ
 
今回は現在の前回までのエピソードを踏まえ、これからどんなお酒を造っていきたいか、そして日本酒業界はどうなっているか、これからKURANDと一緒にやっていきたいことなどをお聞きしました!

th__mg_9436
 

ちょこっとかもしれないけれど、人を幸せにすることができる。そんな日本酒ですべての人が幸せになる世の中に

th_img_0174

——KURANDの取り扱い銘柄について、KURAND関係なくそれぞれどんな思いで造っているのか、教えていただけますか。定番の「菊泉」、「さけ武蔵」など。

そうですね。私が考える滝澤酒造のコンセプトっていうのが、一言で言うと、「名脇役のものをつくりたい」なんですよね。日本酒ってやっぱり主役じゃなくて料理が主役だと思うんですよ。お酒ってなくても生きていけるじゃないですか。肉体的にはですけどね。

——そうですね。

でも料理ってなくては生きていけないものなので、やっぱりあくまで主役は料理だと思うんです。日本酒っていうのは料理を引き立てる脇役的な存在じゃないのかなと思って。でもやっぱりお酒があると料理も美味しくなるじゃないですか。

——なりますね!

主役になるようなインパクトのあるお酒っていうのも世の中にはたくさんあって、もちろんそれはそれで重要だと思います。でも私が考える脇役的な存在は具体的に言うと、割とすっきりしててキレがいいお酒って言うんでしょうか。料理を邪魔しないような、悪く言うと大人しい酒なのかもしれないけれど、よく言うと非常に綺麗で上品なお酒っていうのが、自分が考える理想ですね。

——それKURAND SAKE MARKET店長たちも言っていました。透き通っていて綺麗で、でも柔らかさもあるっていうか。

そうなんですよね。資質でいうと、新潟ほどは淡麗ではないのかもしれないけれど、ちょっと柔らかさというか、そういったのも出していけたらと思っています。KURANDさんに出しているお酒も、割とどの料理とも結構相性がいいと思います。

——持ち込みで楽しくなりますね。

お酒飲みながら料理を食べると、料理が美味しくなる。また何人かで飲んでいた時はその会も楽しくなる。そんな、ちょこっとかもしれないけれど、人を幸せにすることができるのがお酒だと思うんです。「料理を引き立てながらも皆が楽しく飲めるようなお酒」っていうのを私は理想としています。日本酒を通じてほんとすべての人が幸せになるような、ちょっと大きいことかもしれませんけれど、そういう世の中がいいなあって。

——いいですね!

アルコール飲料って当然負の部分もありますけれど、プラスの部分も絶対あると思うんです。その場が楽しくなるようなゆとりができたり、人間関係が円滑になるようなね。そういう日本酒っていうのをつくれたらいいと思うし。美味しければ、なおいいですね。

——そうですね。

 

一人ひとりが技術や情報を秘めていた時代から、業界皆で一緒に日本酒を盛り上げていく時代に

th_img_0005

——滝澤さんの造る日本酒を通して、今後皆さんにどんなことを伝えていきたいですか?

前回お話した「ひとすじ」という瓶内二次発酵による透明なお酒は、ちょっと矛盾する話かもしれないけれど、名脇役っていうよりはどっちかというと主役的なお酒で、結構インパクトあるんです。でもあれはあれでありだと思うんですよね。やはり名脇役的なものが滝澤酒造の主流なんですが、日本酒の新たな可能性っていう意味では、「ひとすじ」って結構大きな一歩を踏み出せたと思うんです。ずっと長年温めてきたものが製品になりましたし、これまでにはない新しいジャンルのお酒だと思うので、どんどん他の酒蔵さんもつくっていくと思うんです。それを割と早い段階で製品にできたというのは自分の会社にとっても結構大きいことですし、業界にとっても結構大きなインパクトだと思います。

——時代に先駆けたんですね。 

そうですね。2016年11月にはawa酒協会という瓶内二次発酵による透明なスパークリングのお酒の協会っていうのが立ち上がりました。私も副理事長という立場で役員に入れていただいたのですが、そういう1社、2社だけではなくて、全国のたくさんの会社がその協会などに加盟して新たな動きをしていくっていうのは、とっても意義のあることだなと思っているんですよ。新しいジャンルの、日本酒の新たな可能性っていうのを、これからもどんどん生み出していきたいなと思っていますね。

——瓶内二次発酵の透明なスパークリング酒に特化した協会。すごいですね。

そうですね、そういった新たなジャンルっていうのをやっていきたいなと思っていますね。熟成させるビンテージとか、そういったものも行いたいなって思ってます。

——楽しみですね!

awa酒協会のように、これからの酒蔵の生きる道っていうのは、個々で試行錯誤するのももちろんですが、業界皆で一緒になって日本酒を盛り上げていくことが必要だと思うんですよね。石井さんと寒梅さんの対決シリーズも、あれ格好は対決っていう形式をとっていますけれど、それをきっかけにして切磋琢磨したり、業界を盛り上げたりしていきたいっていう思いがきっとあると思います。やはり1社単独で動くのではなくて、お互いを認めながら、皆で1つの方向に向かって活動していくってことが重要かなと思いますね。KURANDさんのイベントでもたくさんの蔵元が集まりますけど、やっぱり皆仲が良いじゃないですか。

——本当そうですね。

やっぱり皆でああやって活動すると、仲良くなるし楽しいんですよね。お酒も飲みますしね、あれすごい重要ですよ。

——そうですね。

楽しいですよね。やっぱり皆でやっていくってことにはすごい価値があるなって。足引っ張り合うんじゃなくて、お互いが切磋琢磨して技術を高め合って、皆で一緒にイベントやったり活動していく。技術情報なんかも、出稼ぎの杜氏さんたちが来ていた昔って、なかなかお酒づくりの技術は公開されないものだったんですよ。今でも一部にそのような流れがあるんですけども。

——そうなんですね。

自社だけじゃなくて、下手したら杜氏さんたち、1人1人の情報として抱えて、なかなか他の人には教えなかったんです。なぜなら、他の人に教えると自分の仕事がなくなっちゃうから。その技術を覚えて、その親方よりも腕が上がったら、今度自分が親方になれない可能性もありますからね。

——なるほど、そうですね。

ですので、昔は自分の技術すら教えなかったんですけれど、今はそういうことはなくて積極的に他社に公開して、お互いに技術情報を交換して高め合っていくっていうことをしていますね。というのはやはり、出稼ぎの杜氏さんが来ている蔵っていうのは少なくなったので、そうせざるを得ないっていう状況でもあるんです。

——情報交換をせざるを得ない状況ですか。

うちなんかだと前の親方から引き継いで教わったっていう部分はあったんですけど、それでもやっぱり最初の2年間ぐらいはうまく酒造れなかったですからね。やはり技術の交換、技術情報の交流っていうのは非常に重要なんです。

——なるほど、経験者の人数が減ってきている今、技術情報がないと造るのも難しいんですね。

そうですね。なので今はネットワークでお互いに切磋琢磨しながら技術を高めていくっていうことも必要だと思うんです。やっぱり酒蔵同士の、同業者の交流ですね。それがこれから、一番重要になっていくと思いますね。

 

伝統を受け継ぎながら新しいことにもチャレンジしていく。日本酒の敷居を低くし、手づくりの温もりで多くの人を幸せに

th_img_9951

——改めて、滝澤さんにとってお酒とは何ですか?

私にとってお酒とは、やっぱり「幸せになるためのもの」かな。やっぱり人間関係が円滑にもなりますし。人間が幸せになるためのものがきっと日本酒じゃないかなと思っていますね。

——素敵ですね。造りの思いを教えてください。

酒造りに対する思いは、手づくりというこだわりですかね。手づくりだと造れる量も限界があるんですけれど、うちも結構こだわっている部分があります。ちょっと精神的な思いだけかもしれないけれど、何て言うんでしょうか、できたお酒も手づくりの方が、人の温もりっていうのが伝わるような気がするんですよね。だから、限界はあるんだけれど、極力これからも手づくりにこだわって、昔からの伝統を受け継いでいきたいなと思っています。

同時に、「伝統は革新の連続」っていう言葉もあるように、やっぱり伝統を守るだけではだめだと思うんです。伝統を守るのももちろん重要だけれども、新しいことにもチャレンジしていかないと伝統っていうのは続かないと思います。で、その核心の部分が多分「ひとすじ」なのかなと思うんですよね。だから新しいことにもどんどんチャレンジしていきたいなと思っています。

——なるほど、これからが楽しみですね!読者に向けて一言お願いします。

日本酒ってね、KURANDさんでは若い方もたくさん飲まれていますけど、結構敷居が高いって思っている方もいると思うんですよね。

——わからないですよね。言葉とか、専門用語が多くて。

そうですよね。これまでもやってきたつもりなんですけれども、これからは、なるべく敷居をなくしていきたいなと思うんです。今日も(蔵に)来ていただきましたけれど、酒づくり体験みたいなことや、実際にお酒づくり体験っていうのを行っています。どんどん敷居を低くして日本酒を知ってもらいたいなと思いますね。

そして読者のみなさんには、日本酒を恐れないでほしいっていうのは変なんですけど、もっと気軽に飲んでほしいって思います。そういった意味ではKURANDさんがやってる活動っていうのは正解だと思うんです。敷居を下げるような、飲み比べなんてまさにそうですから。だからやっぱり、日本酒を恐れないでほしいっていうのが伝えたいことですね。

——素敵なお話を、全3回にわたってありがとうございました!

 

編集後記

37

笑顔が素敵な滝澤さん。若い酒蔵の活躍やKURANDのスタッフにも刺激を受けている、と常に謙虚な姿勢に感動しました。時代の変化に追いつけず蔵をたたんでしまう酒蔵さんは少なくありません。そんな中でも伝統を守りながら、常に新しいことにも挑戦し、今は業界全体で日本酒を盛り上げるときだとおっしゃる滝澤さんには、とても説得力がありました。

シャンパンの製法を参考にした「ひとすじ」をはじめ、滝澤酒造さんはこれからも新しい道を進んでいきます。いろんな酒蔵さんとのコラボレーションも楽しみですね!みなさんもイベント等でお会いした際はお話してみてくださいね。

第一弾はコチラ
第二弾はコチラ

KURAND
KURAND

KURANDに関する情報をいち早くお届けする公式アカウントです。

Locations

店舗一覧

KURAND SAKE MARKET 池袋店

KURAND SAKE MARKET 上野店

KURAND SAKE MARKET 船橋店

KURAND SAKE MARKET 新宿店

KURAND SAKE MARKET 大宮店

KURAND SAKE MARKET 渋谷店

KURAND SAKE MARKET 福岡天神店

Special Recommend

キャンペーン&プロダクト

KURAND CLUB

日本中の小さな蔵元の酒を、最高の状態で味わう、愉しむ、見つける新体験 定期購入サービス

Service

あなたにピッタリの日本酒と出会える

KURAND SAKE MARKET

日本酒は100種類以上!時間とお金を気にせず自由に飲み比べ!

KURAND PRODUCT

KURANDで飲めるお酒を紹介致します。

KURAND CLUB

全国各地の選りすぐりの蔵元による特別醸造の日本酒を、会員限定で毎月お届け。

KURAND EVENT

イベントを通じて、日本酒をもっと自由に気軽に楽しもう。

KURAND MAGAZINE

日本酒をKURANDをもっと楽しむコンテンツが盛りだくさん

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

KURANDメルマガ登録フォーム

KURANDの開催するイベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします

KURAND POST

KURANDの提供するサービスで改善して欲しい点や、こんなイベントを開催して欲しいなど、KURANDに関する自由な意見をお聞かせください。
返信が必要なお問い合わせはコチラ

Complete
投稿ありがとうございます。
今後のサービス改善の参考とさせていただきます。