「盛り」や「洗米・浸漬」を体験!群馬県・土田酒造で酒造り体験をしてきました。

KURAND
KURAND
2017/03/16

「自分で造ったお酒が、家に届く、店舗で飲める」をコンセプトにしたプロジェクト「KURAND酒造り体験ツアー2017」の第三弾「土田酒造酒造り体験2017」を、2017年1月28日(土)に、群馬・土田酒造で実施しました。今回はその酒造り体験の様子をお伝えしたいと思います!
 
第一回の様子はコチラから
第二回の様子はコチラから

まずは、「KURAND酒造り体験ツアー2017」とはどんなプロジェクトなのか、今回の「土田酒造酒造り体験2017」の概要から紹介しましょう。

「KURAND酒造り体験ツアー2017」とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-11-14-48

「KURAND酒造り体験ツアー2017」とは、秋に米の収穫体験、冬には秋に収穫した米を使用した酒造り体験など、通年を通した体験プログラムの一貫として実施するプロジェクトです。
 
実際に田植え・収穫・酒造りを行う「体験」を通じ、自分たちの手で「新しい日本酒造り」に携わることで、日本酒の新しい価値を創造していただけます。

また、KURANDでは今後、米作りは地元の農家から、酒造りは蔵元から、こうした日本酒で繋がる地元の方々との交流を通して、地方の魅力も発信していきたいと考えています!
 
「KURAND酒造り体験ツアー2017」の詳細はコチラ

「土田酒造酒造り体験2017」とは?


関東で唯一「名誉賞」を受賞した群馬県・土田酒造で、日本酒造りの重要な過程の製麹(せいきく)の一部の作業や、醪をかき混ぜる櫂入れ(かいいれ)などの酒造り体験ができるツアーです。
 
自然豊かな群馬川場村で早朝からの酒造り体験を終えた後は、参加者全員で地元の源泉湯宿の食事処で懇親会を行いました。
 
「土田酒造酒造り体験2017」の詳細はコチラ

土田酒造とは?

%e5%9c%9f%e7%94%b0%e9%85%92%e9%80%a0
群馬県の北部の人口約3600人程の川場村で、長年愛され続けている代表銘柄「譽國光」を醸す土田酒造。創業は1907年(明治40年)、関東で唯一「名誉賞」を受賞した蔵元でもあります。
 
若き星野杜氏いわく、「お酒は微生物たちが醸し出す。その微生物は人間の“念”を感じ取り、その念を呑む方に伝える」と考え、「飲む人同士を楽しくつなぐ酒であって欲しい」との思いを胸に、明るく、楽しく酒を醸します。造りの先にある呑み手の顔を思う星野杜氏の酒造りは、人と人をつなげ、呑みの場を明るくする銘酒を生んでいます。

酒造り体験レポート

ここからは当日の様子をお伝えします。

7:45 酒造りの朝は早い!土田酒造集合


集合時間は7:45。酒造りの朝は早い!でも、毎日酒造りをしている蔵人さんたちはもっと早いんですよ。
 
今回酒造り体験をさせていただいた土田酒造さんは、最寄り駅のJR沼田駅から車やバスで約30分ほど。自然豊かで空気がとてもきれいでした。

8:00 午前の作業開始!「盛り」や「添え仕込み」を体験!


当日の大まかな流れを説明してから、早速午前の作業を開始します。
 

本日酒造りを教えていただく、杜氏の星野 元気さんも準備万端。よろしくお願いします!

 
さて、初めの作業は麹室(こうじむろ)で製麹(せいきく)の作業を一部体験します。
 

製麹とは文字通り、麹を作る作業のこと。温度・湿度の管理が大切と言われており、麹室はむわっと暑く、少し作業しただけでも汗ばみます。
 

製麹の作業のひとつ「盛り」では、写真のように麹米をほぐします。この作業がないと、麹菌の働きにより温度が上がりすぎて、麹菌の増殖が止まってしまうのです。皆さん、熱い中黙々と作業していますね。
 


ある程度麹米をほぐしてから、こちらの機械に麹米を入れ、温度を少し下げます。投入口が少し高い位置にあるため、重たい麹米を持ち上げると腕に来ます!
 

それから麹米の温度が均一になるよう、平らに広げていきます。
 

途中途中に星野さんから酒造りの説明が。星野さんはとても酒造りに対する想いが熱い方で、酒造りの知識がなくともその想いはビシビシと伝わってきました。
 
さて、熱い星野さんがいる暑い麹室を出て次の作業へ。
 

酒母室で酒母(しゅぼ)を見せていただいただき、「なんかお酒が飲みたくなる香りだね〜」と話していると、どこからともなくお米のいい香りと、もくもくとした蒸気が。
 


蒸気で真っ白な隣の部屋で、大きいしゃもじで蒸米を広げ、冷ましていきます。
 
蒸米を広げる作業が終わったら、再び酒母室へ。今度は、醪造りの工程のひとつ、添え仕込みを体験させていただきます。
 

 
日本酒を濾す前の状態の、醪(もろみ)を造るには、酒母に麹と蒸米を3回に分けて加えていく(三段仕込みと言います。)のですが、その3回のうち1回目を添え仕込みと言います。



手に持っている櫂(かい)という道具で、酒母と蒸米を混ぜます。簡単そうに見えて、結構難しい!

12:00 昼食タイム!


午前のがっつり酒造りでお腹が空っぽ。心待ちにしていたお昼ご飯はこちら!
 
お茶は利き猪口で。酒蔵ならでは…?

13:00 午後の作業開始!「洗米」や「浸漬」、蔵見学まで!

さて、お昼ごはんでエネルギーチャージしたので、午後の作業も頑張りましょう!午後一の作業は、お米が相手の洗米(せんまい)と浸漬(しんせき)。
 

洗米と浸漬は時間をしっかり計って行うため、あらかじめ流れを説明していただきます。


説明が終わったら早速、洗米と浸漬の作業開始です。ずらりと並ぶこちらのお米を…


このタンクの中で2分間ほど水圧をかけて洗います。出てきたお米は袋に入れ、シャワーをかけ糠を落します。



まずは星野さんが、お米の浸漬の時間を決めます。これはなかなか見られない貴重な機会です。
 
お米が水を吸うと白くなっていき、これっというタイミングを決定します。「ワインはブドウで決まるけど日本酒は人で決まる!」と星野さん。


浸漬する時間が決まったら、次々と洗米したお米を浸漬。皆さんで時間をきっちり計ります。
 


時間になったら、水から出してある程度水を切ります。お米が水を吸っているので、重い重い…。



水が切れたら重さを計り、記録。


そして、記録したものから平らに並べていきます。この作業を何百キロ分と行います。


さて、一旦午前に作業した麹室に戻り、午前に「盛り」をした麹の様子を見ます。



温度管理が大切な麹。こうやって何度か見に来るわけですね。


作業の合間合間には広い蔵の中を、色々と見学させていただきました。


発酵を終えた醪や…


現在発酵中の醪も。健やかに発酵していたようで、ポコポコと動いて一同感動。菌の力ってすごい!


お次は土田酒造の名物(?)蒸し器へ。写真右に3つ並んでいるのが、お米の蒸し器。手前にもう一つ蒸し器があり、土田酒造には合計4つの蒸し器があります。
 

通常、蒸し器は蔵に1つしかありませんが、先代社長の「(沢山仕込む)普通酒こそ美味しいお酒を!」という想いから、均一にお米を蒸すために4つも導入したんだそう。

土田酒造は標高500〜600mにあるため、水の沸点が平地と異なります。温度計をつけ蒸気の温度を調べたり、蒸し器の布を変えたり、圧力かけて完璧に蒸すなど、星野さんも先代社長の想いを引き継ぎ試行錯誤されたそうです。

…たくさんの作業や見学で、あっという間に本日の酒造り体験終了の時間となりました!今回の酒造り体験では、お米を触る作業が多く「こんなに大切な工程、関わっていいの?」と思われた方も多いかもしれませんね。

これは、現社長の土田 裕士さんの「いろんな人にお米を触ってもらったほうがいい。多くの人に触ってもらって、声を聞かせてもらって、美味しいお酒を作る!」という素敵な考えからきているそうです。

土田 裕士さんのインタビュー記事はコチラ

 
杜氏の星野さんも「全然オッケー!むしろありがたいです!」とこの笑顔。たくさんの貴重な体験をありがとうございました!

19:30 素敵な地元の温泉宿場で懇親会開催!もちろん飲むのは…。



酒造り体験終了後は、地元の温泉宿場で親睦会です。会場の雰囲気がとても素敵で、「わあ…!」と声が上がります。


乾杯はもちろん土田酒造の日本酒で!酒造りの後のお酒は別格ですね。


今日の酒造り体験の感想や、プライベートなお話まで、わいわいと懇親が深まりました。
 
2時間の懇親会もあっという間に終了。皆さん、土田酒造の日本酒と地元の料理を堪能し、一日の疲れも吹き飛んだようです。
 
皆さんご参加ありがとうございました!

おわりに

以上、「KURAND酒造り体験ツアー2017」の第三弾「土田酒造酒造り体験2017」のレポートでした。非常に貴重な体験ができた1日でした。
 
こんなに本格的な酒造り体験ができたのも、土田酒造の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました!
 
KURANDでは今後も現場に近い酒造り体験ができるツアーの企画を予定しています。次回は、2017年4月1日(土)に、あの「酒を売る犬 酒を造る猫」で注目を浴びる、新潟・宝山酒造での酒造り体験ツアーを開催します!是非チェックしてみてくださいね。
 
それでは、また次回!
 
「宝山酒造酒造り体験2017」の詳細はコチラ
「KURAND酒造り体験ツアー2017」の詳細はコチラ

KURAND
KURAND

KURANDに関する情報をいち早くお届けする公式アカウントです。

KURAND SAKE MARKET 上野店

KURAND SAKE MARKET 新宿店

KURAND SAKE MARKET 大宮店

KURAND SAKE MARKET 渋谷店

KURAND SAKE MARKET 池袋店

Special Recommend

キャンペーン&プロダクト

KURAND CLUB

日本中の小さな蔵元の酒を、最高の状態で味わう、愉しむ、見つける新体験 定期購入サービス

Service

あなたにピッタリの日本酒と出会える

KURAND SAKE MARKET

日本酒は100種類以上!時間とお金を気にせず自由に飲み比べ!

KURAND PRODUCT

KURANDで飲めるお酒を紹介致します。

KURAND CLUB

全国各地の選りすぐりの蔵元による特別醸造の日本酒を、会員限定で毎月お届け。

KURAND EVENT

イベントを通じて、日本酒をもっと自由に気軽に楽しもう。

KURAND MAGAZINE

日本酒をKURANDをもっと楽しむコンテンツが盛りだくさん

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

KURANDメルマガ登録フォーム

KURANDの開催するイベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします

KURAND POST

KURANDの提供するサービスで改善して欲しい点や、こんなイベントを開催して欲しいなど、KURANDに関する自由な意見をお聞かせください。
返信が必要なお問い合わせはコチラ

Complete
投稿ありがとうございます。
今後のサービス改善の参考とさせていただきます。
instagram、Twitter、FacebookでKURANDをフォローして最新情報をチェック! kurandsakemarket