おウチで簡単に美味しい熱燗を!お燗のコツを3つご紹介

2014/01/07

熱燗
 
新年が明けましたが、寒さは続きお燗の美味しい季節ですね。
ですが、意外とお燗のつけ方ってコツがいります…
 
あ!お燗の温度間違えた!
熱燗にするつもりがなんだかぬる燗っぽい?
せっかくの香りが全部飛んでしまった。

 
などといったトホホな体験ありませんか?
というわけで寒いこの季節にぴったりなお燗の付け方のコツを紹介します。
 
 

目次

 
 

そもそもお燗とは?!

温度帯 名称
55度以上 飛びきり燗(とびきりかん)
50度 熱燗(あつ燗)
45度 上燗(じょうかん)
40度 ぬる燗
35度 人肌燗(ひとはだかん)
30度 日向燗(ひなたかん)
20度 冷や
15度 涼冷え(すずひえ)
10度 花冷え(はなひえ)
5度 雪冷え(ゆきひえ)
0度 みぞれ酒

お燗のつけ方を紹介する前に、そもそもお燗とか日本酒の温度の具合ってどういうものなのかを紹介します!
 
日本酒にはそれぞれ美味しい温度というものが存在します。
これを飲用温度といいます。飲用温度にはそれぞれ名前がちゃんとついているのです。
 
ちなみにお燗の度合いというのはお猪口に注いだ温度のことです。
 
例えばもし徳利のぬる燗で頼んだ場合、お猪口に注ぐと「人肌燗」となるのでお店で飲む時自分が飲みたいお燗よりもちょっと熱めで!と頼んだほうが良いかもしれません。
 
参考までに上記の図は温度と名称一覧です。人肌燗と涼冷えのちょうど間ぐらいが世間一般でいう常温です。ちなみに熱燗より温めたら味が飛んでしまうと心配される方、むしろ旨みが増して体が温まりますよ。健康にも良いのでまさに「お熱いのがお好き」な方には飛び切り燗がオススメです。
 

熱燗はカラダにも良い!

a0002_006554_m
熱燗は昔から受け継がれてきた健康的な飲み方です。貴方に合った温度に温めるお燗は、カラダにもやさしいのです。
 
アルコールは体温に近い温度で吸収されます。
冷酒だと酔いを感じるまでに時間差が生じますが、熱燗ならスムーズに吸収され、飲み過ぎることが少なくなるのです。
 
 

お燗のつけ方1:お鍋

a0002_011828_m
 
いよいよお燗のつけ方についてご紹介していきます。まずは一番スタンダードなお鍋を使った湯煎方法です。実はこの方法3通りもあるのでお好みに合わせてみてはいかがでしょう?
 

リミットファイヤー燗

1.酒ととっくりを用意する
2.鍋にとっくりの 7~8分目くらいの水(または湯)を沸かす
3.沸騰したら火を止める
4. 3.に酒を注いだとっくりを居れ、好みの温度になるまで待つ

レギュラー燗

1.とっくりに酒をそそぐ
2.鍋にとっくりの 7~8分目くらいの水を入れ、 1.を鍋の中央に置き、中火にかける
3.こまめに温度をみて、好みの加減になったらとっくりを上げる

荒燗

1.とっくりに酒をそそぐ
2.鍋にとっくりの 7~8分目くらいの水(または湯)を沸かす
3.鍋の底から、気泡がさかんに立ちのぼるくらいになったら、 1.を鍋の中央に置く
4.とっくりの中の酒の体積が盛り上がってきたら、もしくは 55~60度になったら鍋から上げる

ちょこ燗

1.お気に入りのちょこ(小さめながら深さのある陶磁器がベター)に 8分目くらいの酒をそそぐ
2.小鉢など、ちょこより 3回り以上大きめの食器に、ちょこの 6~7分目の熱湯をそそぐ(やけどに注意)
3. 2.に 1.を入れ、飲み頃を待つ
出典:お燗のつけ方のコツ
 
 
日本酒のうまみを引き出すには「湯煎」がオススメです。
 
アルコールが揮発する温度より低い状態で燗がつくため、香りが抜けることがないのです。また過加熱を起こして辛すぎる酒になることもありません。
 
 

お燗の付け方2:電子レンジ

a0002_007735_m

湯煎以外の方法でメジャーなのが電子レンジで温める方法ですね。
 
お手軽にお酒を温めることが可能なのがメリットですね。
ただ、電子レンジで温める場合は徳利の口をラップなどで覆って加熱して下さい。
 
お酒1合(180ml)の場合、約40秒(※500W電子レンジ使用時)加熱すると、「人肌燗」程度に温まります。
 
しかし電子レンジの場合、お酒の温まり具合にムラができてしまうことがあります。その場合は温めた後に1分程時間を置くことで内部の温度が均一になり、美味しいお燗酒を楽しむことができるようになります。
 
 

アルミホイルが大活躍?

日本酒造組合中央会のHPには、電子レンジで美味しく燗をつけるポイントとして、アルミホイルの使用が紹介されています。
 
熱燗
出典:日本酒造組合中央会
 
また、徳利ではなく、片口と呼ばれるお椀のような形状の酒器なら、電子レンジでもあまりムラのないお燗ができますよ。
 
 

お燗のつけ方3:飲用温度別お燗向けのお酒

お燗の温度範囲 大吟醸酒 吟醸酒 純米酒 本醸造酒 普通酒
熱燗(50〜55度)
上燗(45〜50度)
ぬる燗(40〜45度)
人肌燗(35〜40度)

ちなみに飲用温度別に適している日本酒があります。上記の表を参考にしてみてください。
 
お燗にするのであれば基本的に味が濃い目でとコクがしっかりしている純米酒から普通酒がオススメです!うっかり大吟醸や吟醸酒をぬる燗以上にしてしまうとせっかくの香りが飛んでしまうので、出来るだけ避けましょう。
 

温度を正確に計るためには?

003
お酒の温度を測るなら温度計もそれにふさわしいものをそろえておきたいもの。
酒かん計は酒の温度を測るために作られた温度計です。
他にも「燗酒を楽しむ!」グッツは沢山ありますので、またご紹介しますね。
 
出典:お燗グッツ
 
 

まとめ

いかがでしたか?どちらかというとお冷派ですという方も、今年の冬は特に冷えるそうなのでこの機会にお燗にしてみてはどうでしょうか?
 
燗酒は、冷やではわかりにくい複雑な綾織のような日本酒の味わいを引き出すことができます。口に含んだときの「ふくらみ」、喉に送ればその深みのある味わいが感じられ、さらに体がポッカポカになりますよ。
 
日本酒の定期購入サービスKURANDでは毎月蔵直送の新鮮な日本酒をお届けしています。お届けするのは「生」の新鮮な日本酒のため、冷やでお飲みいただくことをオススメしていますが、もちろんお好みでぬる燗、熱燗でも美味しく飲めます。
 
KURANDでお届けする生酒の場合、お燗は湯せんをオススメします。少なめで燗をして、45度前後で味をチェックしてみてくださいね!
 
 

KURAND SAKE MARKET

日本酒100種類、時間無制限、飲み比べし放題のお店

KURAND SAKE MARKET 新宿店

KURAND SAKE MARKET 渋谷店

KURAND SAKE MARKET 浅草店

KURAND SAKE MARKET 池袋店

Special Recommend

キャンペーン&プロダクト

KURAND CLUB

日本中の小さな蔵元の酒を、最高の状態で味わう、愉しむ、見つける新体験 定期購入サービス

Service

あなたにピッタリの日本酒と出会える

KURAND MAGAZINE

日本酒をKURANDをもっと楽しむコンテンツが盛りだくさん

KURAND SAKE MARKET

日本酒は100種類以上!時間とお金を気にせず自由に飲み比べ!

KURAND CLUB

全国各地の選りすぐりの蔵元による特別醸造の日本酒を、会員限定で毎月お届け。

KURAND EVENT

イベントを通じて、日本酒をもっと自由に気軽に楽しもう。

KURAND PRODUCT

KURANDで飲めるお酒を紹介致します。

instagram、Twitter、FacebookでKURANDをフォローして最新情報をチェック! kurandsakemarket