かしこい日本酒の飲み方!一緒に飲む「和らぎ水」とは?

2014/04/18

 
和らぎ水
皆さんは日本酒を飲む際にお水を一緒に飲みますか?
 
実は日本酒を飲む際に一緒に飲むお水を「和らぎ水(やわらぎみず)」と言い、日本酒を飲む際に悪酔いを防いだりと、とっても重要な役割をもっています。
 
日本酒専門店では、最近はほとんどのお店が和らぎ水を出してくれますね。
 
今回はそんな和らぎ水の重要性についてみていきましょう。
 
 

目次

 

 
 

和らぎ水(やわらぎみず)とは?

和らぎ水
「和らぎ水(やわらぎみず)」とは日本酒を飲みながら合間に飲む水のこと。
 
いわゆるウイスキーのチェイサー(追い水)のようなものですね。焼酎などアルコール度数の高い蒸留酒は水割りで薄めることが多いですが、日本酒のアルコール度数は水で薄めるにはちょっと、、と思いますよね。
 
そこで日本酒の場合は酒を飲みながらに、水を適度に挟むことで体に負担をかけずにお酒を楽しむことができるのです。
 
できれば日本酒を造る際に使用された「仕込み水」を飲みたいところです。日本酒に使用された水なので、上手い具合にアルコールを緩和し、酔いが回るのを防いでくれます。
 
 
出典:日本酒造組合中央会:公式HP
 
 

和らぎ水の2つの効果

和らぎ水を飲むことでどのような効果が見込めるのかをご紹介します。
 

二日酔い防止

和らぎ水
和らぎ水を飲むことで、体内のアルコールを中和させ、代謝を活発にさせることで、悪酔いを防いでくれます。更に複数酒類の日本酒を飲む際は合間に和らぎ水を飲むことで、口内をリセットして飲み過ぎを防いでくれます。
 

脱水症状の防止

和らぎ水
通常、お酒のアルコールを分解する際に体の水分が奪われるため、深酔いすると脱水症状を起こしやすくなりますが、和らぎ水を飲んでおくことによって、水分を予め蓄えておけるので、飲み過ぎの脱水症状を押さえるのに効果的です。
 
 

日本酒の割り水燗のススメ

和らぎ水
さて、和らぎ水の効果が分かったところで、最後は日本酒の割り水燗についてご紹介します。
 
酒飲みの方からすれば、日本酒を水で割るなんてとんでもない!という話かもしれません。確かに日本酒は一部の原酒を除き、蔵元の方で一番飲みやすい味わいになるまで、水が加えられています(これを加水と言います)。
 
ですので基本的には日本酒は水を加えて飲むということはないのですがお燗にする際には「割り水燗」を行うこともあります。それはお酒に1〜2割のお水を加えてからお燗をつける飲み方です。この割り水燗を行うことで、口当たりが柔らかになり、お燗酒の刺激を和らげることができます。もちろん水道水では無く、天然水をオススメします。水を加えた後にお燗をするのがポイントです。
 
途中でこの割り水燗の酒を飲むことで、酔いのスピードを抑えつつリセットすることもできます。
 
 

まとめ

日本酒を飲む時には是非用意しておきたい!「和らぎ水」の重要性についていかがでしたでしょうか。
 
俺には酒だけあれば良い!という方も多いと思いますがだまされたと思ってこの和らぎ水、とりいれてみてはいかがでしょうか?
 
より快適な日本酒ライフをお楽しみいただけるはずです。
 
 
 

 
<KURANDサービスページへ>
KURAND
 
 

KURAND SAKE MARKET

日本酒100種類、時間無制限、飲み比べし放題のお店

Special Recommend

キャンペーン&プロダクト

KURAND CLUB

日本中の小さな蔵元の酒を、最高の状態で味わう、愉しむ、見つける新体験 定期購入サービス

Service

あなたにピッタリの日本酒と出会える

KURAND MAGAZINE

日本酒をKURANDをもっと楽しむコンテンツが盛りだくさん

KURAND SAKE MARKET

日本酒は100種類以上!時間とお金を気にせず自由に飲み比べ!

KURAND CLUB

全国各地の選りすぐりの蔵元による特別醸造の日本酒を、会員限定で毎月お届け。

KURAND EVENT

イベントを通じて、日本酒をもっと自由に気軽に楽しもう。

KURAND PRODUCT

KURANDで飲めるお酒を紹介致します。