毎年味わいが変わる、一生に一度しか出会えない日本酒「KAZMA 2016」が新登場! | KURAND(クランド)
鈴木 將央

毎年味わいが変わる、一生に一度しか出会えない日本酒「KAZMA 2016」が新登場!

2016/04/28

KURANDは、石川県・能登の数馬酒造と、毎年味わいが変わる、一生に一度しか出会えない日本酒「KAZMA 2016」を共同で企画・開発しました!それに伴い「KURAND SAKE MARKET」全店で、2016年4月29日(金)より、「KAZMA 2016」の提供を開始します!

「KAZMA 2016」について

商品01
「KAZMA 2016」は今までの日本酒の概念を覆す、全く新しいコンセプトの「一生に一度しか出会えない」日本酒です。農薬・化学肥料不使用で栽培された能登産の酒米「五百万石」を使用し、毎年仕込みの段階で酵母菌(日本酒の香味を大きく左右するもの)を変えて、味わいに変化を生ませる日本酒です。
 
この「毎年味わいが変わる日本酒」というコンセプトで伝えたいことは、日本酒は毎年全く同じものが生まれるわけではないということです。日本酒は米と水からできますが、米は農産物で、生き物で、気候は毎年変動があります。更に設備や造り手も関係し、毎年全く同じ日本酒を生み出すのは不可能に近いんです。リカー・イノベーションと数馬酒造は「日本酒は生き物である」というコンセプトのもと、日本酒の毎年の「変化」を楽しんで欲しいと思っております!
 
昨年は「KAZMA 2015」を数量限定で提供しました。2015年製造の「KAZMA」と、2016年製造の「KAZMA」の飲み比べも楽しむことができますよ!
 
商品概要

商品名 KAZMA 2016
原料米 能登産五百万石
精米歩合 60%
酵母 協会酵母1801号
アルコール度数 17~18 %
提供店舗 KURAND SAKE MARKET 全店

数馬酒造について

蔵元01
1869年(明治2年)創業の数馬酒造。世界農業遺産に認定された「能登」の地にて、能登の美酒「竹葉」を醸しています。「心和らぐ清酒(さけ)造り 心華やぐ会社(いえ)作り 心豊かな能登(まち)創り」の想いを胸に「米・水・技」全てを能登産にこだわり、地域と共にある地酒を目指します。

世界中のトップシェフ・料理ジャーナリストが集う世界最高峰の食の祭典「マドリッドフューション2014」では全国から選ばれた4蔵に選出されました。代々受け継がれてきた「能登を想う心」が数馬酒造のスピリットです。

『数馬酒造』の詳細はこちら
 
 
どのような味わいの違いがあるのか気になりますよね!「一生に一度しか出会えない日本酒」を、ぜひKURAND SAKE MARKETへ試しに来てください!