あなたの住んでるあの県はどれぐらい?日本全国県別蔵元数ランキングTOP5!【2015年度版】 | KURAND(クランド)
鈴木 將央

あなたの住んでるあの県はどれぐらい?日本全国県別蔵元数ランキングTOP5!【2015年度版】

2016/05/10

皆さんは全国に日本酒の蔵元がどれぐらいあるかご存知でしょうか?

実は1500以上の酒蔵が存在するのです。今回はそんな日本酒の酒蔵の数が多い県をランキング形式でご紹介していきましょう。

※酒蔵のデータは国税庁の2015年度のものを参考にしています
https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/seishu/2014/index.htm

第1位:新潟県【89蔵】

1
第1位は皆さん納得の新潟県。酒造りに適した米と水の揃う酒どころです。淡麗辛口な酒と言えば新潟というイメージが強いですね。

第2位:長野県【81蔵】

1
第2位は長野県。日本アルプスを有し、酒造りに適した正常な水源に恵まれた土地です。信州の地酒と言えば日本酒に詳しくない方でもイメージが湧くのではないでしょうか。

第3位:兵庫県【74蔵】

1
第3位は山田錦の産地としても有名な兵庫県。こちらも日本有数の酒どころですね。特に兵庫県神戸市の灘五郷は酒造りに適した上質のミネラル水が湧き出る酒どころとして有名です。

第4位:福島県【66蔵】

1
第4位は東北の福島県。独自の酒造好適米の開発など酒造りの研究にも力を入れています。

第5位:福岡県【58蔵】

1
第5位は意外にも九州地方の福岡県。九州というと焼酎のイメージが強いですが、福岡は九州のなかでも日本酒造りが非常に盛んなのです。造り酒屋も非常に多く、古来より福岡は酒造りが盛んだったと言われています。


以上、蔵元数の多い県TOP5についていかがでしたでしょうか。予想通りの県もあれば、意外な県がランクインしてるといった意見もあるかと思います。自分の住んでいる県はどれぐらいの蔵元の数があるのか、調べてみるのも面白いかもしれませんね。