肉と日本酒の相性を熟知した蔵元と共同開発した、 すべての肉のための日本酒「29(ニク)」が新登場! | KURAND(クランド)
鈴木 將央

肉と日本酒の相性を熟知した蔵元と共同開発した、 すべての肉のための日本酒「29(ニク)」が新登場!

2016/05/17

KURANDは、岐阜県・舩坂酒造店と、肉にベストマッチする日本酒「29(ニク)」を共同で企画・開発しました!2016年5月17日(火)より、日本酒専門店 「KURAND SAKE MARKET」各店で提供を開始します!

「29」について

th_160509-0234
今回開発した「29」は、飛騨高山の日本酒として、飛騨牛はもちろんさまざまな肉料理に合う新しい日本酒です。ラベルデザインや商品名からも連想できるように、肉料理に合わせて美味しい日本酒です。

肉料理には、ふくよかで落ち着いた香りと、米の旨みのある味わいが特長の純米系(米と水だけで造ったもの)の日本酒が良く合うとされています。「29」も旨みを感じる落ち着いた芳醇な味わいの日本酒です。

29」には牛・豚・鶏、すべての肉料理が合いますが、ステーキなら塩コショウのみ、もしくはレモンを少しかけたステーキ肉がオススメです。もちろん和のテイストだけにこだわらず、さまざまなテイストの肉料理とも相性抜群です。
 
10度前後の「花冷え」と呼ばれる温度帯で飲むことで、フルーティでスッキリとした味わいを楽しむことができますよ!

なぜ「29」が肉にあうのか?

1点目は、肉の旨みに負けないボディとコクのある味わいに、お酒と一緒に肉の油をスッキリと流すような <キレの良さ>を加えたことです。キレをよくすることで肉の脂の味を、スッキリと流してくれます。また純米吟醸をあえて無濾過にすることで、一口目に感じるお酒の旨みを豊かにし、肉の旨みとのバランスを意識しました。

2点目は肉の風味を邪魔しない<控えめな香り>にしたことです。華やかな香りは食材の風味を邪魔してしまう場合があるため、控えめな香りの「29」はより肉を引き立ててくれます。

<食材の風味を楽しめ、キレの良さで口の中をスッキリする>これがお肉に合う日本酒として「29」が求めた理想のテイストです。

商品概要

商品名 29
種類 純米吟醸酒
アルコール度数 18度
原材料 米、米麹
使用米 ひだほまれ(岐阜県産)
精米歩合 60%
日本酒度 +5
酸度 1.6
アミノ酸度 1.4
商品URL https://kurand.jp/brand/niku/#kec_product_47236

舩坂酒造店について

112
舩坂酒造店は、岐阜県・飛騨高山(ひだたかやま)・上三之町で200年の歴史のある、城下町の風情漂う「古い町並」に佇む造り酒屋です。日本アルプスに連なる、飛騨の深き山々から生み出された湧水を用い、寒冷な風土で恵まれた自然の条件のもと、良質な酒造米を用いて、代々と続く伝統の技術で醸した日本酒をつくりあげています。


飛騨高山の蔵元が造る、肉料理に合う日本酒「29」の誕生です。飲んでみればわかります!ぜひお気に入りの肉料理を持って、KURAND SAKE MARKETへ!