大学の同級生コンビが蔵を継いで初めて造った、季節限定酒「酒を売る犬 酒を造る猫 夏の限定酒」新登場! | KURAND(クランド)
鈴木 將央

大学の同級生コンビが蔵を継いで初めて造った、季節限定酒「酒を売る犬 酒を造る猫 夏の限定酒」新登場!

2016/07/25

KURAND SAKE MARKETは、大学の同級生コンビが蔵を継いで初めて造った季節限定酒「酒を売る犬 酒を造る猫 夏の限定酒」を、新潟県・宝山酒造と共同で企画・開発しました。それに伴い、2016年7月25日(月)より、KURAND SAKE MARKET 全店(池袋・渋谷・新宿・浅草)で提供を開始します!
 
「酒を売る犬 酒を造る猫 夏の限定酒」は、新潟県・宝山酒造の5代目蔵元・渡邊さんが酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドとなる日本酒です。酒造りに関わる米・水・人をオール新潟にこだわり、夏場でも爽やかに飲むことができるよう調整して造った夏限定の商品です。
 
ラベルは、猫好きな5代目蔵元の渡邊さんを「猫」に、渡邊さんの大学の同級生であり、現在は宝山酒造の営業として共に宝山酒造を牽引する若松さんの人懐っこさを「犬」に例えデザインしました。今年2016年のコンセプトは「出会い」。宝山酒造の二人が出会った居酒屋でのワンシーンをラベルデザインに込めました。今後は、宝山酒造を担うこの二人のストーリーをラベルデザインに込めて、皆さまにお届けする予定ですのでお楽しみに!
 
ちなみに、ラベルデザインのテーマとなった、宝山酒造の二人の「出会い」は、同じ大学に通っていた二人が初めての飲み会で隣の席になった時のことを表現しています。「一緒に酒造らない?」という渡邊さんが発した何の前触れもない一言に、若松さんは「いいよ」と即答しました。出会ったばかりの二人でしたが、お互いに「一緒に酒を造りたい」と思うようになった瞬間から、宝山酒造の二人の酒造りはスタートしたそうです。
 

「酒を売る犬 酒を造る猫 夏の限定酒」の味わいは?

th_3
「酒を売る犬 酒を造る猫 夏の限定酒」は、新潟県のお米、水、人のオール新潟にこだわった純米吟醸です。
 
一回瓶火入れ*で味わいの劣化を防ぎ、安定した状態で瓶貯蔵しました。一回瓶火入れしたことで、フレッシュさを保ちつつ、ピュアでまろやかなお米の甘みを夏場でもお楽しみいただけます。
 
※「瓶火入れ」とは、瓶に入れた生酒を湯煎して加熱殺菌し、酒質の変質・劣化を抑える作業のことです。
 
夏場でもスイスイ飲めるようアルコール調整をし、温度変化による味わいの変化もお楽しみいただけます。コッテリ系の料理や、ホタルイカの酢味噌などの味噌系の料理と好相性ですのぜ、ぜひお試しください!
 
<商品概要>
th_4

種類 純米吟醸酒
アルコール度数 15度以上16度未満
原材料 米、米麹
使用米 新潟県産 五百万石
精米歩合 60%
酵母 小川酵母
日本酒度 +5
酸度 2.0
アミノ酸度 1.0
商品詳細URL https://kurand.jp/brand/inuneko/

 

「宝山酒造」について

th_5
新潟県・宝山酒造は明治18年創業。新潟の温泉街である岩室温泉と弥彦温泉の中間に位置する歴史ある蔵元です。小さな蔵元ですが、蔵元観光に力を入れていて、多くの観光客が訪れてます。宝山酒造の次期五代目・渡邊さん。農業大学を卒業した後、群馬県の蔵元で3年間修行。その後2015年に、実家である宝山酒造に戻りました。「宝山酒造の日本酒を、多くの方に飲んでもらいたい」という思いで、実家の跡継ぎとして酒造りをスタート。酒処・新潟県のなかでも小さな蔵元の、大きな挑戦が始まりました。

新潟県・宝山酒造の詳細はこちら