菊の司
鈴木 將央

絶対飲んでみたくなる!店長たちが「純米新酒 菊の司美雪」の特徴・飲み方・食べ方を徹底解説!

2017/01/05

新規お申込み残り97

皆さんこんにちは!KURAND SAKE MARKET 各店には、続々と新酒が入荷しています。
 
なんと今年は12種類もの新酒が入荷しています。どれも新酒ならではのフレッシュ感があり、すでにお試しいただいた皆さんからは大変ご好評いただいています。これから飲むよ!という方は、こんなにたくさんあったらどれを飲むか迷ってしまいますよね。
 
そんな方のために今回は、「純米新酒 菊の司美雪」の、特徴から美味しい飲み方、食べ合わせ、ティスティングコメントまで、さまざまな角度から紹介します!
 

「純米新酒 菊の司美雪」ってどんな日本酒?

菊の司
「純米新酒 菊の司美雪」は、同じ米・同じ精米歩合・同じ麹・同じ酵母を使用して造った、菊の司季節純米酒4姉妹「季楽」シリーズの冬バージョンの日本酒です。単体でももちろん楽しめますが、春・夏・秋に登場した別バージョンを飲んでいると、さらに味の違いが分かって面白い一品です。
 
th_011
「純米新酒 菊の司美雪」は無濾過生原酒のため、搾り出た日本酒そのままの味わいを楽しめます。また、水を加えてアルコール度数などの調整を行っていないため、アルコール度数が18度とやや高いですね。
 
そして精米歩合は65%(35%削っています)と酒米を削っている部分がやや少なめなので、お米の豊かな味わいや香りなど、酒米の個性を味わえそうです。

「純米新酒 菊の司美雪」の美味しい飲み方

さて、「純米新酒 菊の司美雪」の特徴が分かりましたが、一体どんな飲み方で飲めば美味しいのでしょうか?温度帯による変化を調べるため、10段階の温度に分けてテイスティングし、更に温度帯以外の美味しい飲み方も調べてみました。

「純米新酒 菊の司美雪」温度帯による違い

th_img_9983

まずは「純米新酒 菊の司美雪」の温度帯による味わいの変化を紹介します。
 

5℃(雪冷え)★ シャープな香り。綺麗な甘味があるが、酸味が効いて爽やかな味わい。
10℃(花冷え) 良い意味で酸味が出てきて、よりさっぱりとした味わい。
15℃(涼冷え)★ 甘い香りが強くなる。味のバランスが取れていて少々まろやかな口当たりに。
20℃(冷や) 米の旨味が徐々に出てくる。同時に渋みも。
30℃(日向燗) 酸味によるピリピリなどの刺激はないが酸っぱい。
35℃(人肌燗) 全体的に柔らかくはあるが、酸味と同時に渋味も若干目立ってくる。
40℃(ぬる燗)★ 炊きたての米のような香り。舌の上でじゅわ〜っと旨味が広がる。
45℃(上燗) 若干酸が立ち始め、味わいに厚みが出てくる。
50℃(熱燗)★ 米の旨味と酸味が絶妙に絡み合い、ジューシーな味わいに。
55℃(とびきり燗)★ 芳醇な米の香り。旨味がノリ口当たりがかなりなめらかに。

 
★は特にオススメの温度帯です。

「純米新酒 菊の司美雪」一手間加えた美味しい飲み方

菊の司
次に「純米新酒 菊の司美雪」の一手間加えた美味しい飲み方を紹介します。今回は女性にオススメの飲み方です。
 
作り方は「純米新酒 菊の司美雪」にドライフルーツを入れ温めめだけ。温めることでマンゴーの甘味やパインの甘酸っぱさが溶け出し、熟れた果実のようなフルーティーさが味わえます。
 
ただお酒の温度を上げすぎるとフルーツの味が勝ってしまうので注意しましょう。純粋に米の甘味、キレを味わえるのは45〜50℃くらいです。

「純米新酒 菊の司美雪」に合う料理は?

th_pixta_21841954_m
さて、「純米新酒 菊の司美雪」の特徴や美味しい飲み方は分かりましたが、日本酒は食べ合わせが重要なお酒。せっかくなら合う料理も知りたいですよね。
 
「純米新酒 菊の司美雪」は、豊かなお米の旨み、若々しい香りとパンチのある酸味が特徴のお酒です。バナナのようなフルーティな風味とキレの良いさっぱりとした味わいなので、少し酸味のある料理やさっぱりとした味わいの料理との相性がいいです。具体的には…
 

・おでん
・ナポリタン
・かぼちゃサラダ

 
の3点が特にオススメです。おでんでは特に、出汁のきいた大根やがんもなどを合わせてみてください。さっぱりとした味わいの具材の味わいを、「純米新酒 菊の司美雪」が引き立ててくれます。合わせるのであれば、おでんと同じ温度体(40℃のぬる燗くらい)が相性抜群だと思います。
 
日本酒に本当に合うのか、というところですがナポリタンは意外に相性は○。ナポリタンのケチャップや油分でぼてっとした口の中を、「純米新酒 菊の司美雪」がスッキリさせてくれます。
 
また、3品目のかぼちゃサラダも意外に好相性の組み合わせです。2つを合わせることにより、かぼちゃの甘みが引きでて、「純米新酒 菊の司美雪」とのフレッシュが際立ちます。ぜひ合わせてみてくださいね!

「純米新酒 菊の司美雪」に合うおつまみを作ってみよう!

菊の司
「純米新酒 菊の司美雪」によく合う料理が分かったら、次はKURANDでも手軽に試せる手作りおつまみのレシピも紹介します。今回は「山芋明太子」です。

材料

山芋 150g
辛子明太子 70g
白だし 小さじ1
大葉 2枚

作り方

■ステップ1:大葉は細めの千切りにする。
■ステップ2:山芋は皮を剥き大きめのざく切りにして袋に入れる。
■ステップ3:袋に入れた山芋をすりこぎや空瓶などで叩く。
■ステップ4:山芋をボウルにあけてほぐした明太子、白だしを加え混ぜる。
■ステップ5:器に盛り付け、上に千切りした大葉を乗せる。

「純米新酒 菊の司美雪」にどう合うの?

「純米新酒 菊の司美雪」は、フレッシュな味わいと抜群のキレがあります。辛味を強く感じるので、おつまみが淡白すぎるとお酒の辛味ばかりが際立ってしまいます。しかしおつまみの味が濃すぎても、「純米新酒 菊の司美雪」のフレッシュな味わいがなくなってしまうので、バランスが大切です。
 
そこで今回は淡白な味わいの山芋と、しっかりした味わいの明太子を合わせました。これでバランスがとれ、「純米新酒 菊の司美雪」とも相性抜群!材料を持ち込めば簡単に作ることができるので、KURAND SAKE MARKETでもぜひ作って合わせてみてください。

「純米新酒 菊の司美雪」を5人の店長がテイスティングしてみました

th_img_9974
最後にKURAND SAKE MARKETの店長達が、「純米新酒 菊の司美雪」をテイスティングしてみました。それぞれの感想を紹介します!
 

新宿店長:坂本
『「純米新酒 菊の司美雪」はバナナのような香りとフレッシュな味わいが特長で、思わずお米のスイーツを連想しました。イチゴ、メロン、バナナなど、フレッシュフルーツと合わせるととても美味しかったですよ。「純米新酒 菊の司美雪」はラベルに雪の結晶が描かれていてとてもキレイなので、当店では特に女性のお客さまに人気が高いです。しかしガツンしたキレもあるので、男性のお客さまにもオススメですよ!』

大宮店店長:永田
『「純米新酒 菊の司美雪」は洋梨のようなフレッシュでフルーティーな香り、透き通ったクリアな甘味、飯米ならではの旨味が広がります。その甘味と、後からくる渋み・酸味が絶妙なバランスで、パンチのある味わいを生み出します。この酸味のおかげで後味はキレッキレです。個人的には料理を選ばず幅広くお楽しみいただけると思います。この季節には鍋やおでんと合わせたいですね。お酒単体でちびちび飲むのも良いと思います。』

浅草店店長:西井
『「純米新酒 菊の司美雪」を実際にティスティングしてみたところ、最初の香りは少しバナナの様な果実感を感じました。口に含むと、豊かなお米の旨みとあわせて、新酒らしい若々しい花かハーブのようなフレッシュな香りを感じます。その後にややパンチのある酸味を感じ、ゆっくりと口の中から溶けた雪の様に消えていきます。「純米新酒 菊の司美雪」は、旨味と酸味をあわせ持っているので、あっさりとした食べ物はもちろん、トマトソースなど旨味や酸味のを持った食べ物にも幅広く合いそうです。』

渋谷店店長:知名
『「純米新酒 菊の司美雪」はバナナのようなフルーティーな香りと米の旨味、しぼりたてらしいフレッシュな味わいのバランスのとれたお酒だと思います。ひやでも燗にしても映える幅広い飲み方ができる万能タイプのお酒なので、そのまま飲んでも料理に合わせても楽しめそうですね。個人的にはおでんとぬる燗の組み合わせが最高だと思います!』

池袋店店長:清水
『今回は「純米新酒 菊の司美雪」とよく合うおつまみの「山芋明太子」を食べ合わせてみました。「純米新酒 菊の司美雪」は銘柄の「美雪」という美しい名前からは想像もできない、切れ味の良さとかなり辛さがありました。しかし「山芋明太子」と合わせると、「純米新酒 菊の司美雪」の辛味が程よく丸くなり、全体のバランスが良くなりました。山芋は今が旬、しかもこのおつまみは作り方も簡単なのでぜひこの時期に作って合わせてみてください!』


以上、今回は「純米新酒 菊の司美雪」のさまざまな楽しみ方を紹介しました。「純米新酒 菊の司美雪」は季節限定商品なので、気になった方はお早めにKURAND SAKE MARKET 各店でお楽しみください!

直営店舗一覧

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
6

酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸

甘口の日本酒に対する酒蔵のひとつの思いから生まれた、オール埼玉県産の日本酒です。

プロデュース店舗

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。