鈴木 將央

なぜ幻の米となった?最古の酒米「雄町」を紹介します!

2018/05/31

新規お申込み残り94

みなさんこんにちは。日本酒造りに欠かせないものと言ったら、もちろんお米ですね。全国の様々な酒造好適米を紹介していますが、今回は「雄町」をご紹介します!
 
「オマチスト」と呼ばれる根強いファンを持つ酒米とは、何なのか。「雄町」を使った日本酒の味わいはどのようなものなのか。
 
酒米として最古参の種目である「雄町」の秘密に迫ります。

「雄町」とは


「雄町」は、江戸時代末期に発見された酒造好適米です。雄町は、山田錦や五百万石など、有名な酒造好適米の交配に使用されれています。そのため、雄町は酒米のルーツとも言われています。

「雄町」の由来は?

「雄町」は、岡山市雄町で発見され、「雄町に良い酒米がある」とのうわさが広まりました。その後岡山県南部をはじめとする一帯で栽培されるようになり、地名にちなんで「雄町米」と呼ばれるようになりました。

「雄町」の生産地


その名前の由来にもなっている通り、「雄町」は主に岡山県で生産されています。

幻の酒米、雄町

雄町は栽培が難しく、生産量が減少していき、絶滅の危機とも言われていましたが、近年岡山県の酒造メーカーを中心にしたグループが栽培を復活させ、雄町を使用した日本酒が再び生産されるようになりました。

「雄町」の味わいの特徴は?


雄町で醸す日本酒は、芳醇でコクのある味わいが特徴です。
 
雄町は、育成に時間がかかる「晩稲」というタイプのイネなので、米は熟していて水分が多く、ボリュームのある味わいになります。


いかがでしたか?雄町は栽培が難しく、希少であるため、雄町で醸した日本酒をみつけたら是非飲んでみたいですね!

直営店舗一覧

ランキング

兵庫
1

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

新潟
3

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

新潟
4

【2019年2月新発売!】酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒 しぼりたて生 30BY

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

新潟
5

晴れの日の雨 純米大吟醸 お猪口2個セット

「晴れの日の雨」は、「あなたにとっての”晴れの日”に幸せの雨が降ることを願って」というBoAの思いにちなんで名付けられた、醸造の町・摂田屋の老舗酒蔵が、寒冷な気候の中で丁寧に醸した純米大吟醸です。凛とした美しさを感じる超辛口の味わいで、あなたの”晴れの日”を華やかに彩ります。

埼玉
6

I love choco 山廃本醸熟成古酒

チョコレートが持つ風味を包み込むコク、そしてまろやかさを引き出すために厳選した「山廃熟成古酒」です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。

KURANDの商品を買えるのは、KURAND オンラインストアだけ。

KURANDオンラインストアに会員登録していただくと、新商品情報やお得な情報をお届けします。飲食店の方には、飲食店方向けの独自のパートナー制度をご用意しています。

会員登録はこちら 飲食店の方はこちら