鈴木 將央

【2017年10月版】あなたのお気に入りは入ってる?今月もっとも飲まれた日本酒トップ5

2017/11/21

新規お申込み残り13

皆さんこんにちは!皆さんはKURAND SAKE MARKETへご来店の際、ずらりと並ぶ100種類の日本酒を見て「どれが人気なんだろう…?」と気になったことはありませんか?
 
今回は気になる、KURAND SAKE MARKETの人気日本酒ランキングトップ5【2017年10月版】を発表します!ぜひご来店の際には、日本酒選びの参考にしてみてくださいね。
 

第5位:ボクとオカン(千葉県・旭鶴)


「ぼくとオカン」(略式名称)は、KURANDと千葉県・旭鶴が共同で企画・開発した、正式名称は約300文字と日本一長い銘柄の日本酒です。すっとした口当たりですが、口の中で少し転がすと米の甘みと旨みが広がります。キレがよく、鶏肉の照り焼きや角煮などこってり甘辛系の料理とよく合います。
 
商品の詳細はこちら

第4位:本州一ひやおろし純米酒(広島県・梅田酒造場)


「本州一ひやおろし純米酒」は、広島県・梅田酒造場の、やわらかくもどっしりとした味わいの秋限定酒です。冷蔵庫から出して冷えた状態で飲むのはもちろん、40度程度まで温めても美味しく楽しめる一本です。季節限定商品のため、なくなり次第終了となります。KURANDで見かけた方はチャンスですよ!
 

第3位:理系兄弟(福島県・有賀醸造)


10月初めに新登場し早くもランクインした「理系兄弟」は、KURANDと福島県・有賀醸造が共同で企画・開発した究極の食中酒です。日本一理系な兄弟蔵元が、KURANDで飲む瞬間が最も美味しくなるように、綿密な酒質設計をもとに造りました。穏やかにお米の旨みを感じられ、塩味のあっさりとした料理などによく合います。
 
商品の詳細はこちら

第2位:鈴木(埼玉県・寒梅酒造)


「鈴木」は、KURANDと埼玉県・寒梅酒造が共同で企画・開発した、鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒です。造り手もラベルの書も”鈴木さん”が手がけた「鈴木」は、優しく上品でありながら、しっかりとお米の旨みも感じられる味わいです。甘めで飲みやすいので初心者にもおすすめです。
 
商品の詳細はこちら

第1位:Rice Wine Te-hajime(兵庫県・富久錦)


「Te-hajime」は、KURANDと兵庫県・富久錦が共同で企画・開発した、8%の低アルコール日本酒です。爽やかな甘味と柑橘系の果物のような酸味で飲みやすく、日本酒に初めて出会う方や最初の一杯目に飲んでもらいたいお酒です。冷えた状態でワイングラスで飲めば、爽やかさや清涼感が味わえます。
 
商品の詳細はこちら


以上、2017年10月の人気日本酒ランキングでした。皆さんのお気に入りのお酒はランクインしていましたか?気になるお酒を見つけたらぜひKURAND SAKE MARKETでお試しください!ランクインしていない商品も自信を持ってオススメできるものばかりです!

直営店舗一覧

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

山形
6

梧桐 大吟醸 超辛+10

山形県産のお米を45%まで丁寧に精米した、超辛口の鋭いキレが最大の特長の日本酒です。

プロデュース店舗

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。

KURANDの商品を買えるのは、KURAND オンラインストアだけ。

KURANDオンラインストアに会員登録していただくと、新商品情報やお得な情報をお届けします。

会員登録はこちら