鈴木 將央

あなたの住んでるあの県はどれぐらい?日本全国県別蔵元数ランキングTOP5!【2017年度版】

2018/05/16

新規お申込み残り16

みなさんこんにちは!突然ですが、全国に日本酒の蔵元がどれぐらいあるかご存知でしょうか?
 
実は1500以上の酒蔵が存在するのです。ちなみにとある有名なコーヒーショップは2018年現在で1400店くらいとのことなので、それより多いんですよ…。
 
またまたいらない小ネタを出してしまいました。今回はそんな日本酒の酒蔵の数が多い県をランキング形式でご紹介していきましょう。
 
※酒蔵のデータは国税庁のものを参考にしています
詳しいデータはこちら

第1位:新潟県【88蔵】

1
第1位は皆さん納得の新潟県。酒造りに適した米と水の揃う酒どころです。淡麗辛口な酒と言えば新潟というイメージが強いですね。
 

第2位:長野県【76蔵】

1
第2位は長野県。日本アルプスを有し、酒造りに適した正常な水源に恵まれた土地です。信州の地酒と言えば日本酒に詳しくない方でもイメージが湧くのではないでしょうか。
 

第3位:兵庫県【68蔵】

1
第3位は山田錦の産地としても有名な兵庫県。こちらも日本有数の酒どころですね。特に兵庫県神戸市の灘五郷は酒造りに適した上質のミネラル水が湧き出る酒どころとして有名です。
 

第4位:福島県【61蔵】

1
第4位は東北の福島県。独自の酒造好適米の開発など酒造りの研究にも力を入れています。

第5位:福岡県【57蔵】

1
第5位は意外にも九州地方の福岡県。九州というと焼酎のイメージが強いですが、福岡は九州のなかでも日本酒造りが非常に盛んなのです。造り酒屋も非常に多く、古来より福岡は酒造りが盛んだったと言われています。


以上、蔵元数の多い県TOP5について紹介しました!予想通りの県もあれば、意外な県がランクインしてるといった意見もあるかと思います。自分の住んでいる県はどれぐらいの蔵元の数があるのか、調べてみるのも面白いかもしれませんね。

「蔵元が年々減少している」なんて話をよく聞きますが、2015年度版の記事と比較してみても、蔵元数の減少は明らかみたいです…。
 
ちにみに、KURAND SAKE MARKETでは、日本酒づくりが盛んな産地のお酒もあれば、えっ!?と驚くような産地のお酒まで、様々な種類のお酒のご用意がございます!自分の住んでいる県のお酒をぜひ味わいに来てくださいね♪

直営店舗一覧

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
6

酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸

甘口の日本酒に対する酒蔵のひとつの思いから生まれた、オール埼玉県産の日本酒です。

プロデュース店舗

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。