鈴木 將央

絶対飲んでみたくなる!元蔵人が「TAO」の特徴・飲み方・食べ方を徹底解説!

2018/05/01

新規お申込み残り97

皆さんこんにちは。
 
私たちKURANDは、「どんな人が、どんな思いで醸した日本酒かを知って飲む。するとお酒はもっと美味しくなる。」そう信じています。これは私たちKURANDが大切にしてるコンセプトでもあり、これから日本酒を飲む方々に伝わって欲しいと思っていることです。

日本酒の「物語(ストーリー)を飲む」とは?

そこで今回は、先日KURAND SAKE MARKETにも導入したばかりの、広島県・梅田酒造場と共同開発した「TAO」について紹介したいと思います。

「TAO」ってどんなお酒?

TAOは地元・広島の地から、世界基準の日本酒を発信したいという強い思いで醸された、純米吟醸酒です。お米は広島県の八反錦、仕込み水は岩滝山から湧く伏流水、酵母は広島のオリジナル酵母広島吟醸酵母』を使っています。広島3拍子が揃った広島テロワールが味わえる素晴らしいお酒です。

「TAO」ってどんな特徴があるの?

世界で認められたエレガントな味わいをコンセプトに華やかな香りと芳醇な味わいをエレガントな日本の女性にたとえてつくり上げたブランドです。これは特に女性の方は気になってきますね。
 
また、しなやかで優雅な所作をあらわす「たおやか」という美しい言葉から「TAO」と名付けています。さらに、「T」「A」「O」を図形化した背景の模様は、着物の襲色目(かさねいろめ) を想起させていますので、ラベルもかなり豪華です。これはそそりますね!まさに、おとな女子にこそ飲んでほしいお酒です!
 

「TAO」の醸造元・梅田酒造場について

世界のワインジャーナリズムを牽引するIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)は、毎年ロンドンで開催される”最高峰””最高権威”と称されるワインの品評会です。
 
そんな世界で最も大きな影響力を持つコンペティションにおいて、外国人の口に合う日本酒を表彰すべく2007年から設けられた「SAKE部門」の上位入賞酒は、在外公館の御用達になるなど、国内外の注目を集めています。 
 
梅田酒造場は、2017年に開催されたIWCの大吟醸酒 部門でも、総出品数193本の中からわずか10本しか選出されなかったゴールドメダルを受賞しています。「TAO」は、こうした世界で認められた梅田酒造場の確かな酒造りの技術を用いることで生まれた、華やかな香りと芳醇でエレガントな味わいの世界で愛されるにふさわしい日本酒です。
 
詳細はコチラ

「TAO」はどんな温度帯がおすすめ?

まずは「TAO」の温度帯による味わいの変化を紹介します。

5℃(雪冷え) 穏やかな香り。フレッシュな甘味を感じ、キリッとした後味に。
10℃(花冷え)★ 甘味・旨味共に感じられるが、後味のキレが落ち着く。
15℃(涼冷え) 米の旨味が際立ち、キレというより旨味の余韻が残ってくる。
20℃(冷や) 米の旨味がじわ〜っと広がる感覚。若干酸の方が勝っているかも。
30℃(日向燗) 米の香りが感じられるようになってくる。甘味はそんなに感じられない。
35℃(人肌燗) 穏やかな味わい。可もなく不可もなくといったところ。
40℃(ぬる燗)★ 全体は柔らかいが、立ってきた酸からピリピリする刺激を感じる。
45℃(上燗) なかなか酸が目立ってくる。若干酸っぱいかも。
50℃(熱燗) 米の香りが強い。まろやかな甘味が出てくる。
55℃(とびきり燗) 酸が落ち着き、甘味・旨味が強く感じられる。

※★は特にオススメの温度帯です。

「TAO」の味わいについて

では、実際にテイスティングしてみましょう!

まず、見た目ですが少し黄色味かかってますね。粘度はややあるでしょうか。グラスに注いだ瞬間にフルーティーな香りがします。まるでマスカットのような果実たっぷりのみずみずしさです。最初の口当たりは柔らかく、ピリピリした酸も少しあります。

あとから、お米の甘みと旨味がやってくるイメージです。全体的にバランスが良いお酒なのでグイグイ飲んじゃいますね。(笑)

「TAO」に合うおつまみは?

パッと思いついたのは、広島の特産物の生牡蠣ですね。生牡蠣がもつ甘さ、天然の塩風味の風味がTAOの持つ、お米の旨味と甘みと調和します。一回飲むごとに程よい酸味が口の中をリセットしますので、飲み飽きすることがありません。
 
同じ理由で爽やかな白身魚料理との相性も抜群です。例えば、白身魚のムニエルや白身魚のアクアパッツァとかですね!少しオリーブを入れると、もっと引き立ちます。

「TAO」の総評

全て広島県産の原料で世界で認められたエレガントな日本酒を表現している、本物のテロワールだと思います。ラベルデザインもおとなのエレガントの女性をイメージしていますのでぜひ、この機会に店舗まで足を運んで飲んで頂きたいです。もちろん、男性の方も唸らせる日本酒ですよ!お試し下さいね!

直営店舗一覧

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
6

酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸

甘口の日本酒に対する酒蔵のひとつの思いから生まれた、オール埼玉県産の日本酒です。

プロデュース店舗

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。