夏の夜に飲む、雪の結晶。氷点下のスパークリング日本酒が楽しめるキャンペーンを期間限定で開催! | KURAND(クランド)
鈴木 將央

夏の夜に飲む、雪の結晶。氷点下のスパークリング日本酒が楽しめるキャンペーンを期間限定で開催!

2018/07/20

KURAND SAKE MARKETにて、シャープ・KURAND・滝澤酒造(埼玉)がコラボして開発した、氷点下で味わうスパークリング日本酒「白那(はくな)-HAKUNA-」が楽しめる「氷点下日本酒」キャンペーンを実施します!
 
実施期間は2018年7月27日(金)、7月28日(土)の2日間限定で、対象店舗はKURAND SAKE MARKET 全店(池袋・上野・渋谷・新宿・大宮・船橋・新橋・横浜)です。(※夜の部限定)
 
(※「蔵元飲み比べの会」実施の店舗では「蔵元飲み比べの会」優先となります。白那の提供はいたしませんのでご了承ください。)
 

氷点下で味わうスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」とは

▲「白那-HAKUNA-」
 
「白那-HAKUNA-」は、特殊な蓄冷材料を開発したシャープと、KURAND、滝澤酒造(埼玉)のコラボが生み出したスパークリング日本酒です。
 
シャープの技術によって氷点下が維持されることで味わいの余韻が長く続き、日本酒の濁り成分がグラスの中で「雪の結晶」のように美しく舞うという、「全く新しいスパークリング日本酒」に仕上がりました。これまでにない、全く新しい日本酒体験を楽しめます。
 

氷点下に保たれたスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」は、爽快な強い炭酸と、甘さと酸味のバランスがとれた、すっきりとした飲み口が特徴です。さらに口の中に含むことで、徐々にお酒の温度が上がり、花が開くように少しずつ豊かな風味が広がり始めます。
 
昨年クラウドファンディングサイトMakuakeにて販売された「白那-HAKUNA-」は、単価9500円の日本酒という高価格にも関わらず、約1000万円の売り上げを達成しました。
 
「白那-HAKUNA-」詳細はコチラ
 

キャンペーンについて

▲提供時イメージ画像
 
本キャンペーンでは、2018年7月27日(金)、28日(土)の夜の部限定で、お客様に氷点下で味わうスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」を提供します。「白那-HAKUNA-」は上の写真のように、シャープ新開発の保冷バッグ「TEKION LAB保冷バッグ」と、蓄冷材料によって氷点下を保った状態でご用意します。
 
夏の暑い夜に「雪の結晶」を飲む贅沢。ぜひこの機会に、新感覚の氷点下のスパークリング日本酒で涼を感じてください。
 

キャンペーン概要

実施場所 KURAND SAKE MARKET 全店(渋谷、新宿、池袋、上野、大宮、船橋、新橋、横浜)
実施期間 2018年7月27日(金)、28日(土)※夜の部限定
対  象 当店にご来店いただいたお客さま
参加料金 3,240円(税込)※通常の入店料のみ。
内  容 キャンペーン期間中、店内にてスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」を提供します。
注意事項 本キャンペーンは夜の部限定です。昼の部では実施しておりませんのでご注意ください。「蔵元飲み比べの会」実施の店舗では「蔵元飲み比べの会」優先となります。白那の提供はいたしませんのでご了承ください。席に限りがあります。キャンペーン実施期間中は混雑が予想されますので、事前のご予約をおすすめします。また、本キャンペーン内容及び提供する商品は、予告なく変更する場合がございます。

 

さらに…


今週オープンしたばかりのKURANDのオンラインストアにて、直接「白那-HAKUNA-」が購入できます!
 
夏に飲むのにぴったりな氷点下のスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」を、ぜひ自宅でもお楽しみください。
 
「白那」のご購入はコチラ