鈴木 將央

KURANDが試験醸造所を開設!?パインサワーのようにごくごく飲める日本酒できました。

2018/10/05

新規お申込み残り40

この度、KURAND商品開発部が蔵人となり、埼玉県・寒梅酒造のタンクを間借りして、試験醸造をする日本酒開発プロジェクト「KURAND INNOVATION LAB.」が開設しました!

さらに、「KURAND INNOVATION LAB.」の第一弾商品として、パインサワーのようにごくごく飲めるスパークリング日本酒「KURAND LAB NO.1」を、KURANDの直営店の「KURAND SAKE MARKET」全店にて2018年10月5日(金)より導入します。
 
そこで、ここからは、「KURAND INNOVATION LAB.」の概要と「KURAND LAB NO.1」について紹介していきたいと思います!

「KURAND INNOVATION LAB.」とは?

「今までにないイノベーティブなお酒をつくろう。」というスローガンを掲げ、KURAND商品開発部が蔵人となり、埼玉県・寒梅酒造のタンクを間借りして、試験醸造をする日本酒開発プロジェクトのこと。
 
「KURAND INNOVATION LAB.」では今後、よりイノベーティブなお酒をつくるため、あえて大量生産をせず、すべて小仕込みで挑戦的な日本酒をつくっていく予定です。
 

「KURAND LAB NO.1」とは?

「KURAND LAB NO.1」とは、パインサワーのようにごくごく飲めるスパークリング日本酒を目指して開発した「KURAND INNOVATION LAB.」プロジェクトの第一弾商品です。

今回の試験醸造は、一段仕込み、白麹、泡あり6号酵母の3つを組み合わせ、味わいの違うタンクをブレンドした後に、瓶内二次発酵*をしたことが最大のポイント。

*瓶内で発酵を進めて炭酸ガスを瓶内に閉じ込める方法。
 
これらを組み合わせることで、甘く濃厚でジューシーな味わいと、瓶内二次発酵によるシュワシュワ感がマッチした、パインサワーのようなお酒に仕上がりました。
 
サワーグラスに氷を入れて飲むことで、日本酒とは思えないほどの喉越しの良さが味わえます。

今回は、味わいの違うタンクのブレンド比率の違いによって「KURAND LAB NO.1 3%」と「KURAND LAB NO.1 10%」の2商品を開発しました。
 
どちらが自分の好みか、興味のある方は、ぜひKURAND SAKE MARKETでお試しあれ!
 

試験醸造の様子はKURANDマガジンで配信!

おわかりの通り、ちょっとマニアックな日本酒ができちゃいました…。
 
今後も、試験醸造の様子やどのように造られたのかなどの開発者インタビューをKURANDマガジンで随時更新予定なので、乞うご期待くださいませ!

直営店舗一覧

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

岐阜
4

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
5

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

山形
6

梧桐 大吟醸 超辛+10

山形県産のお米を45%まで丁寧に精米した、超辛口の鋭いキレが最大の特長の日本酒です。

プロデュース店舗

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。

KURANDの商品を買えるのは、KURAND オンラインストアだけ。

KURANDオンラインストアに会員登録していただくと、新商品情報やお得な情報をお届けします。

会員登録はこちら