現在システムメンテナンスのため商品の購入を行うことができません。ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。復旧まで今しばらくお待ち下さいませ。
詳しくはこちら
鈴木 將央

KURANDのお酒は店員もお客様に説明しやすくて良いと喜んでいます。 | 和食日和 おさけと様

2019/03/27

本日はKURANDのお酒を取り扱っていただいている「パートナー飲食店」のご紹介です。今回ご紹介するのは、「和食日和 おさけと」です。
 
「和食日和 おさけと」は現在、日本橋、神田御茶ノ水、神保町に3店舗を展開しています。名前のまま和食とお酒、特に日本酒に特化して楽しむ、居酒屋以上割烹未満を目指した同店。いつもより少し贅沢なお酒を気軽に楽しむ大人のお店として、昨年の1月に一号店の日本橋店がオープンしました。
 
日本酒にこだわる和食日和おさけとのオーナーでありSAKE DIPLOMA(ディプロマ)でもある山口直樹さんに、KURANDの日本酒導入の経緯や反響などをお伺いしました。
 

日本酒へのきっかけづくりになるKURANDのお酒

ーーKURANDのお酒の導入した経緯(決めて・理由)を教えてください

日本橋店をオープンしたときから契約しています。実は「酒を造る犬 酒を売る猫」を製造している宝山酒造が、僕の妻の実家なんです。今杜氏をやっているのが僕の義理の弟になります。
 
なのでお酒の存在を先に知り、当初は宝山酒造から直接買い付けを考えていました。しかしこの銘柄はKURANDを通してのみの販売ということもあり、以前からKURANDのことは知っておりましたので、いい機会だから店舗に導入しようということで決めました。
 
宝山酒造の他の銘柄については蔵から直接仕入れていますが、「酒を造る犬 酒を売る猫」はKURANDからの仕入れになります。取り扱いたいと思った銘柄がきっかけではありましたが、導入まではスムーズでしたね。
 
取り扱っている銘柄の品質についてはそもそも宝山酒造の味を知っているので信頼できるとわかっていました。もちろん試飲した上で決めていますが、「酒を造る犬 酒を売る猫」以外にも良いと思った銘柄はどんどん仕入れをさせてもらっています。
 
他にも「ながおかのほし」などの酒蔵さんともお付き合いがあります。元々僕が勤めていた店が方舟という新潟と北陸の日本酒に特化していました。その縁で新潟の酒蔵さんとは繋がりが濃いんです。
 
KURANDはその頃から存在を認知していましたが、店のコンセプト的に仕入れられないお酒があったので、まだお付き合いはありませんでしたね。
 
ーーお酒の選定のこだわりというのはありますか?

全国各地のお酒を集めてちりばめようというのもありますし、なにより食事に合うかが大切ですね。
 
季節感を大切にしてどんどんとローテーションしていき、グランドメニューは作らないので、一本終わったら違う銘柄を入れていく感じです。
 
現状、3つの店はすべて私が仕入れています。ネットが発達したのでLINEなどで情報交換が活発なので、酒屋さんの美味しいとおすすめのお酒は一本入れてみようかなという感じで入れていきます。
 
日本全国から、定番の銘柄はもちろん、小さな酒蔵さんも含めこれから人気になりそうな銘柄や、知る人ぞ知る銘柄まで幅広く数多く集めています。
 
ーーお酒を仕入れていく中で解決したい課題というものはありましたか?


 
そうですね、前の店での繋がりもあって北陸、新潟は強かったんですが他の県に繋がりがなく、酒屋さんも北陸と新潟に強いところばかりとのお付き合いだったので、他の県の銘柄を引っ張ってくるのに不安感はありました。
 
でも結局は横のつながりで、人と人の紹介からばっと繋がっていきました。今は15件くらいの酒屋さんとお付き合いさせていただいています。
 
ーーKURANDのお酒を導入した後の反響(効果)をお聞かせください

 
なかなかに好評です。
 
当店ではかなり頻繁なサイクルで銘柄を入れ替えています。そのため、お酒のメニューには酒蔵の地域と銘柄と値段、酒蔵の名前しかないんです。そして表に出ているメニューだけでも70種類以上、入れ替え用の銘柄を含めると1店舗に100種類以上はあります。沖縄を除く日本全国の銘柄が揃っています。
 
そこで「この銘柄!」と決めているわけではない方には、積極的にお声掛けしておすすめを紹介しています。
 
うちはスタッフとお客様がとてもコミュニケーションの多い店で、どんな料理とお酒をあわせたいのか、好みをヒアリングしたり、気になる銘柄について紹介もしています。
 
その中でやはり、ネーミングで目立つKURANDのお酒は気になる方から「これなに?」と聞かれることが多く、必然的におすすめする頻度も高くなっています。
 
「このラベルなに?」と聞かれることも多く、コミュニケーションの生まれるお酒になっていますね。店舗のスタッフは全員酒好きで試飲した上でのおすすめなので、お客様に喜んでいただいているのをダイレクトに感じますね。
 
うちは銘柄が多く「こんなにあってどれがいいのか選べない」と悩まれるお客さんが大体店員におすすめを聞くので、そこで紹介させていただくこともあります。KURANDのお酒はコンセプトやデザインがはっきりしているので、店員もお客様に説明しやすくて良いと喜んでいます。
 
ーーKURANDの魅力というのはどのへんに感じられますか?
 
我々としてはやはり、お客様からの取っ掛かりの良さですね。日本酒を飲んだことがない人でも「これならちょっと飲んでみようかな」と思いやすい銘柄です。
 
どこの店でも入口付近のお客様が通る場所にボトルを並べているので、そこで気になって注文される方が結構いらっしゃいます。そういう意味では、「日本酒へのきっかけづくり」になっています。
 
見た目と、名前と、飲みやすさが揃っています。
 
ーーお客様の層というのはどのような感じですか?
 
昼間は圧倒的に女性が多いですね。このあたりで働いている30~50代くらいの方がランチタイムの中心層です。男性は2割位ですね。
 
夜は逆に男性が6~7割、30後半から60くらいです。もう大衆居酒屋は辛いが、かといって割烹とまでかしこまるほどでもない、気楽に美味しく楽しめる空気を求めてくる方がいらっしゃいます。例えるならカジュアル割烹という感じでしょうか。
 
女性同士でいらっしゃるグループも結構いらっしゃいますよ。女性のグループは「酒を造る犬 酒を売る猫」や「ながおかのほし」のラベルを写真に撮っていく方も多いですね。
 
ーーお店の人気・おすすめ・定番メニューとの一番良い組み合わせを教えてください


 
一番のおすすめはコースで取っていただくことなんですが、季節の素材を活かす和食のお店なので毎月メニューが変わっています。
 
お客様が「料理に合わせて」とおっしゃればそれに合わせて提案しますし、「これを持ってきて」ということであればそちらをお出ししています。
 
ベストな組み合わせというのはお客様次第、その人の好みになりますので。
 


 
今の季節ですとキャベツやポテトサラダ、このシーズンに美味しいお野菜ですね。
 
お料理には宝山酒造の麹を使っているので、同じ宝山酒造の「酒を造る犬 酒を売る猫」とはやはり相性という点では非常にマッチします。
 
ーーKURANDに対して期待していることを教えてください

個人的には蔵が増えて楽しめる銘柄が増えていくと面白いかなと。今の感じでもっといろんなコンセプトのお酒が増えてくれたら楽しいですね。
 
うちのように3店舗あると、それぞれに違う特徴のお酒を入れてみたらどうかなと考えたりもしますね。
 
KURANDからのレスポンスも早いのでとても助かってます。
 
ーーKURANDの魅力を一言で表現するとするとどのような感じになりますでしょうか。
 
とっかかりのお酒としてとても魅力的なものが揃っています。ラベル、名前、コンセプトが揃って「ちょっと気になるお酒」になっているわけです。

日本酒を飲んだことがない人、飲み慣れていない人も「どんなお酒なんだろう?」と二度見するお酒なので、そういう意味も含めて入り口のお酒というイメージでうちでは扱わせていただいています。
 

おわりに

KURANDは引き続き、KURANDのお酒を導入していただける「パートナー飲食店」を募集しております。KURANDとともに全国各地にある小さな酒蔵の思いやストーリーの詰まったお酒をお客様にお伝えしませんか?
 
パートナー飲食店の詳細はコチラから

直営店舗一覧

ランキング

兵庫
1

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

新潟
3

【2019年2月新発売!】酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒 しぼりたて生 30BY

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

新潟
4

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

新潟
5

晴れの日の雨 純米大吟醸 お猪口2個セット

「晴れの日の雨」は、「あなたにとっての”晴れの日”に幸せの雨が降ることを願って」というBoAの思いにちなんで名付けられた、醸造の町・摂田屋の老舗酒蔵が、寒冷な気候の中で丁寧に醸した純米大吟醸です。凛とした美しさを感じる超辛口の味わいで、あなたの”晴れの日”を華やかに彩ります。

6

【梅】「初売りKURAND福袋」

KURANDがストーリーを大切にパートナー酒蔵と一緒に開発した日本酒・果実酒4本以上をはじめ、「KURANDからのお年玉」や「KURANDオリジナルグッズ」などが計7点以上詰まったKURANDビギナー向け福袋です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。