生酒になって、さらに"たおやか"に!「TAO 純米吟醸 生 2018」が新登場! | KURAND(クランド)
鈴木 將央

生酒になって、さらに”たおやか”に!「TAO 純米吟醸 生 2018」が新登場!

2019/03/19

広島県・梅田酒造場と共同開発した日本酒「TAO 純米吟醸 生 2018」をKURAND SAKE MARKET全店(新宿・渋谷・池袋・新橋・上野・大宮・船橋・横浜)で3月21日(木)より導入開始します。

「TAO 純米吟醸 生 2018」は、世界最高峰のワイン品評会で多数のゴールドメダル受賞歴を誇る広島県・梅田酒造場が、華やかな香りと芳醇な味わいをエレガントな日本の女性にたとえてつくり上げた日本酒です。

米・水・酵母の全てにおいて広島県産にこだわり、米には地元・広島で育った八反錦を、酵母には広島のオリジナル酵母「広島吟醸酵母」を使い、フルーティーで華やかな香りを実現しました。生酒ならではのフレッシュさとお米の旨味を感じる一杯に仕上がっています。

商品名 TAO 純米吟醸 生 2018
特定名称 純米吟醸酒
原料米 八反錦(広島県産)
精米歩合 60%
アルコール度数 16度
日本酒度 +4
酸度 1.8
醸造元 広島県・梅田酒造場

「TAO 純米吟醸 生 2018」商品情報はコチラ