鈴木 將央

甘くて濃醇?『にごり酒』っていったいどんなお酒?

2018/04/27

皆さんこんにちは。最近はますます暖かくなってきて、日本酒日和ですね!私からしたら毎日が日本酒日和ですけど…
 
といった小ネタは置いといて、日本酒について学んでいくこちらのブログ、今回は「にごり酒」について紹介していきましょう。

にごり酒の定義

th_IMG_1294
日本酒は米をアルコール発酵させることによってできる醪(もろみ)を酒袋などに入れて圧力をかけて搾って酒粕と分離させることによってできます。
 
この際に、目の粗い袋で酒を濾すことによって、「澱(おり)」とよばれる醪の中の白濁した部分が酒中に多く残ります。
 
このようにして、あえて「澱」を多く含ませた日本酒を「にごり酒」と呼ぶのです。

「にごり酒」の特徴

sakekasu03
にごり酒は「澱」が多く含まれている分、「素材の味を活かした日本酒」と言えます。「澱」の成分は醪中にある原料米、米麹やその分解物、酵母などなので日本酒本来の米の旨味を強く感じることができます。
 
更に、多くのにごり酒は火入れ処理を行わず、酵母が生きたままの状態で瓶詰めされるため、発泡性のあるものが多いのも特徴ですね。その分、酒質が変わりやすいものも多いため、しっかりと保存管理を行い、開栓後はできるだけ早めに飲み切ることをオススメします。
 

にごり酒のオススメの飲み方

th_IMG_0633 のコピー
にごり酒は「澱」の部分が底に溜まっているので、基本的には瓶をゆっくり傾けながら、「澱」をよく混ぜあわせて飲みます。
 
ただし、あえて混ぜあわせずに、「澱」が下に溜まった状態で透き通った上澄みの部分だけを楽しむのもにごり酒の楽しみ方の1つです。濁り部分と上澄み部分で2種類の味を楽しむことができますよ。
 
また、濃厚な味わいが特徴なので、ロックで飲んだり、炭酸水で割ったり柑橘類を入れてカクテル風にしてみるのもいいかもしれませんね。

KURAND SAKE MARKETで飲めるにごり酒

1.旭鶴 しぼりたて おり酒


酵母が生み出した細かな泡と、サラサラとしたのみ口、そしてにごり酒としては珍しいドライな後味が特長の一本です。季節限定のため、無くなり次第終了となります。
 
※季節限定商品のため、なくなり次第終了となります。

2.霧の華


「霧の華」は、米のみを使用した純米生マッコリです。このお酒は、加熱殺菌を一切行っていない本物の自然酒で、酵母菌が生きているのでビンの中でも発酵が続いています。フレッシュな味わいが楽しめそうですね!
 
詳しくはこちら

3.どろどろ濁原酒


加水をしていない原酒で、くせになるどろりとした口当たりと、非常に濃醇な味わいが特長です。米の旨みが広がりますが、辛口でキレがあるので、くどさは感じません。

詳しくはこちら


 
いかがでしょうか?にごり酒について、少しは知っていただくことができたのではないかと思います!
 
KURAND SAKE MARKETでは、紹介した商品以外にも、多数のにごり酒を取り揃えていますので、ぜひこの機会に飲み比べてみてはいかがでしょうか?
 
池袋店へのご予約はこちら
上野店へのご予約はこちら
渋谷店へのご予約はこちら
新宿店へのご予約はこちら
大宮店へのご予約はこちら
船橋店へのご予約はこちら
横浜店へのご予約はこちら