【イベントレポート】知っているようで知らない『大吟醸』について、「サケライブ!」で楽しく学んできた! | KURAND(クランド)
鈴木 將央

【イベントレポート】知っているようで知らない『大吟醸』について、「サケライブ!」で楽しく学んできた!

2016/03/22

2月28日(日)に、池袋の日本酒飲み比べし放題店舗「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」で、日本酒とお笑いの融合型イベント「サケライブ!Vol.3」が開催されました。
 
日本酒の利き酒師の資格を持つ漫才コンビ「にほんしゅ」をMCとして、日本酒とお笑いを愉しむことができるイベントです。「にほんしゅ」による漫才、ブラインドテイスティング、今回のゲストである新潟県・宝山酒造の名前にちなんだ「大吟醸争奪お宝探しゲーム」が開催され、日本酒ビギナーの方々も終始笑いに包まれて、日本酒を学びながら気軽に楽しめるイベントとなりました。

大吟醸と純米大吟醸の違いって?詳しくしりたい!!

th_th_IMG_0648 (コピー)
 
メインコンテンツの「蔵元トークセッション」では、新潟県の酒蔵、「宝山酒造」の営業の若松秀徳さんを迎えて、「大吟醸ってなに?」をテーマにお話ししていただき、仲介役として漫才コンビの「にほんしゅ」がMCとしてイベントを進行しました。
 

kitai01
北井一彰
漫才師【にほんしゅ】つっこみ担当。2014年9月『きき酒師』取得。2015年9月『日本酒学講師』取得。酒屋(酒販店)での修行経験、日本酒専門居酒屋での接客、提供経験を活かし、日本酒学講師試験を受験者トップの成績で合格。日本酒セミナーなど、講師としての活動も開始。
asayan01
あさやん
漫才師【にほんしゅ】ぼけ担当。2014年9月『きき酒師』取得。高校の受験を定員割れで合格したので、きき酒師の試験が人生初の正面突破合格。「ヤッホー!!」というギャグを持ち、どんなタイミングでも「ヤッホー!!」と聞こえたらやまびこを返せる。

 
th_th_IMG_0614 (コピー)

あさやん「ヤッホー!」
 

北井「にほんしゅです!ということで2月28日に行いました、第3回『サケライブ!』気づけばもう第3回やね」

 
あさやん「そやな!ただ、いまだに謎に包まれたイベントやね」
 

北井「いや、あんたはわかっといて!」
 

あさやん「あ、そうか。このサケライブは日本酒100種類以上飲み放題のお店KURAND SAKE MARKETさんで行うイベントで、そこでコンビ揃って日本酒のきき酒師の資格を持つ世界で唯一の漫才師、僕たち『にほんしゅ』が日本酒初心者の方に日本酒を学んで、飲んで、笑って、好きになってもらおう!っていうイベントで」
 

北井「うん」
 

あさやん「しかも日本酒を造ってる酒蔵の方に来てもらって酒蔵の方とにほんしゅの酒トークでより身近に日本酒を感じてもらおうっていうのがメインテーマやね!」
 

北井「完璧にわかっとるな!その通りやわ」

 

日本酒はとっつきにくいというイメージがある方でも、漫才を見ながらなら楽しく勉強できますよね!引き続き漫才形式でこのブログをお楽しみください。
 
th_th_IMG_0620 (コピー)

あさやん「で、今回来てもらった酒蔵さんは大手ビールメーカーの後藤さんでした!」 
  

北井「全然ちゃうわ!新潟市の酒蔵、宝山酒造の営業の若松秀徳さんでした!」
  

あさやん「富乃宝山ロックで飲むとおいしいよね」
 

北井「それもちゃうねん!よく間違えられるって言うてたけど富乃宝山とかのおいしい芋焼酎造ってんのは鹿児島の西酒造さん!」
  

あさやん「冗談やんか。そんな必死になられても」
  

北井「なんやお前は!今回登場していただいた若松さんは東京農大卒で、そこで同級生だった宝山酒造の蔵元の渡部さんに誘われて二人三脚で酒造り、販売をされてる方です」
   

あさやん「そうなんです!」
   

北井「若松さんは東京農大で醸造も学んでらっしゃるので酒造りの細かい話もできますし、営業やイベントでの日本酒販売の経験も豊富なので僕たちも勉強になりましたね!」
  

あさやん「しかもイケメンで歳もまだ25歳!背も高い!188mm!」
  

北井「ほなちっちゃい!18センチちょいになるから。188cmね!」
  

あさやん「そんな若松さんとの酒トークのテーマは『彼女から言われたショックだった一言』」
 
 
北井「酒関係ないやん!普通のトークじゃないから。今回のテーマは『大吟醸ってなに?』でした!」
   
 
あさやん「そうです!」

 
 
お酒の種類は、純米大吟醸、純米酒、吟醸酒などなど、、ありますが、日本酒を覚えたての人にとっては種類が多い上に、専門用語もあったりで難しく感じてしまいますよね。
 
 
そんな疑問を、楽しく、わかりやすく!若松さんと「にほんしゅ」さんが教えてくれます!
th_th_IMG_0619 (コピー)

北井「大吟醸って言うと日本酒を知らない人でも『なんか高級なやつ?』ぐらいのイメージはあるかと思うんですが、これはお酒にわりと詳しい人でも実は知らない深い部分もあると思ってこのテーマにしました。ざっくり言うと香りがフルーティで、味わいがきれいで、お値段高め、という感じの大吟醸。」
  
あさやん「トークが始まったらお客さんからの質問も飛びながらいい感じやったね!」
 
北井「そうやね!」
 
あさやん「今回お話いただいた内容は、大吟醸と名乗るには?純米大吟醸と大吟醸の違いって?醸造アルコールの添加とは?などでした!」
 
北井「そやね」
 
あさやん「まず大吟醸と名乗るにはお米を半分以上削る必要があります。酒造り用のお米は酒造好適米っていいますが、そのお米は外側を削っていくと雑味などがなくなってきれいな味わいになるんです」
 
北井「そやね」
 
あさやん「だからその分原料のコストが上がるから大吟醸はお値段も上がる」
 
北井「そやね」
 
あさやん「そして純米大吟醸と大吟醸の違いは醸造アルコールの添加があるかどうか。醸造アルコールというのはウーロンハイとかに使われる無味無臭の甲類焼酎のようなものです。この醸造アルコールを入れると大吟醸になる」
 
北井「そやね」

 
大吟醸が高級とされている理由や、純米大吟醸との違いがわかるようになりました!
 
大吟醸はお米を半分以上削っていないといけないんですね!!おいしいいいところだけを使って造るお酒はとっても贅沢です♪♪
 

醸造アルコールが入るとガラッと変わる日本酒の味わい

th_th_IMG_0611 (コピー)

あさやん「で、この醸造アルコールを入れる理由ってなんなの?って思いません?」
 

北井「気になるね」
 

あさやん「理由はいくつかあって、まずフルーティな香りを引っ張りだす。」
 

北井「そうなんです」
 

あさやん「後味のキレがよくなる」
 

北井「そうなんです」
 

あさやん「保存状態がよくなる」
 

北井「俺の仕事取るな!!酒トークの部分めっちゃちゃんとレポートするやんけ!」
 

あさやん「未練がある元カノから連絡がくる」
 

北井「それは嘘や!」
 

あさやん「限界超えたわ」
 

北井「ようがんばってたよ。そうなんです。少しの醸造アルコールを入れることでメリットはたくさんあるんですね!」
 

あさやん「じゃあ帰ります」
 

北井「もうちょいで終わるから!しかもこの醸造アルコールを入れるタイミングがすごく難しいらしいんです。それで諦めて純米酒しか造らないっていう酒蔵さんもいるくらいなんですって。」
 

あさやん「そうらしいね」

醸造アルコールがお酒にはいることで全く違う味わいを引き出しているんですね!

th_th_IMG_0760 (コピー)

北井「こんな感じで、宝山酒造の若松さんのおかげで知ってるようで知らない『大吟醸』について学ぶことができました!まだ酒造りの時期でお忙しい中、若松さん、そして『サケライブ!』にお越しくださったお客様本当にありがとうございました!」
 

あさやん「ありがとうございました!」
 

北井「この酒トーク以外にもにほんしゅの酒漫才、宝山酒造さんの名前にちなんだ『大吟醸争奪お宝探しゲーム』など日本酒初心者の方が楽しんで日本酒に触れられるよう盛りだくさんでお送りしました!イベント中盤には、今回も初対面のお客様同士が日本酒を注ぎあって盛り上がってくださったりしていて、その光景がすごく嬉しかったです!次回の『サケライブ!Vol.4』は4月後半か5月前半に開催予定ですのでぜひお越しくださいませー!」
 

あさやん「待ってるよー!ヤッホー!!」

th_th_IMG_0839 (コピー)

『サケライブVol.3』のお客様の感想をご紹介します!

th_th_IMG_0838 (コピー)
ここからは、当日のイベントにご参加いただいたお客さまからいただいた感想を一部ご紹介します!
 

「飲んで笑って勉強にもなって。充実のイベント、また来たいです!」
 
「初めてお伺いさせていただいて、日本酒も楽しめ、素敵な空間を楽しませていただきました!またお伺いさせていただきます!」
 
「とっても楽しかったです!次回からも来たいです♡みなさん歳が近くてなおさら親近感わきました。」
 
「日本酒がもっと好きになりました!楽しい時間をありがとうございました♡」
 
「こんなに日本酒をたくさん飲んだのは初めてでした!美味しかったし楽しかったです♡また参加したいです♡」
 
「ヤッホー!」

th_th_IMG_0861 (コピー)

蔵元さん方直接お酒のことを教えて頂けるのはめったにない機会ですよね!
 
笑って、知って、体験して、美味しい日本酒を飲む。ただのセミナーではなく、体験型セミナーとして、日本酒をもっと身近に感じてもらいたい。そんな思いが、「サケライブ!」を開催された「にほんしゅ」のお二人から感じることができました。

今後も開催される「サケライブ!」、次はどんな蔵元さんが来られるのか、どんな笑いが起きるのか楽しみですね。
 
sakelive
「サケライブ!」のイベントページはこちら

sakema_topvisual_pc
「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」はコチラ