鈴木 將央

造り手は手間を惜しまず、いいお酒を。栃木県『杉田酒造』をご紹介します。

2016/04/23

新規お申込み残り13

みなさんこんにちは!

KURAND SAKE MARKETで飲める蔵元を紹介していくこのブログ。

今回は栃木県「杉田酒造」について紹介していきます。 

蔵元紹介

sugi
1876年(明治9年)創業の杉田酒造。栃木県小山市は上泉の地にて酒を造る小蔵です。創業当時の銘柄は「優等正宗」でしたが、昭和初期に当時の品評会で8回連続優等賞を受賞して、 当時の税務署長が「関東」の「英雄」であると褒め称えた事から酒銘「雄東正宗」となりました。

復活米「強力」を使った酒造りや桃色酵母で仕込む「桃色にごり酒」など、若き蔵元専務が頑張っている蔵です。明治初期に初代が新潟県より小山市に移り、創業を始めました。初代は自らが酒造りをし、水質のすばらしさに旧中村上泉(なかむらかみいずみ)で酒造りを始め4代と続いています。

「造りは手間を惜しまず」を基本理念において日々醸しています。

受け継がれている酒造り

420px-Tochigi_City (コピー)出典:wikipedia 栃木県
 
先代から現在も普通酒から大吟醸まで全量「佐瀬式槽搾り」です。佐瀬式とは、熟成した「もろみ」を布の袋にひとつひとつ入れ、それを槽(ふね)と呼ばれる木枠に丁寧に並べ、ゆっくりと上から圧力をかけることで搾る製法です。この手法で搾っている酒蔵は本当に少ないそうです。「手間を惜しまない」という理念を曲げない強さが、飲み手を引き付けるのだと思います。

 

杉田酒造のお酒

IMG_0239 (コピー)

お酒のコンセプトは「日本酒らしい日本酒」です。端麗辛口とは正反対の濃醇旨口のお酒です。飲みやすく、いくらでも飲めそうというよりは、じっくりと向き合って飲んでほしいお酒です。

KURAND SAKE MARKETで飲める「雄東正宗」シリーズ

雄東正宗 純米酒

IMG_0240 (コピー)
しっかりとした旨みのあるお酒です。後味はすっきりしていて、また味わって飲みたくなります。

雄東正宗 純米吟醸 生原酒

IMG_0237 (コピー)
お酒を造る際に中取りといって澄んだ部分を集めたお酒です。フルーティーな風味、口当たりの柔らかさをお楽しみ下さい。

時期によって取り扱いのない商品もございます。ご了承ください。


以上、栃木県「杉田酒造」のご紹介でした。いかがでしたでしょうか。「杉田酒造」のお酒はKURAND SAKE MARKETでご用意しています。

ぜひ、造り手の熱い気持ちを感じて飲んでください!お待ちしております。

杉田酒造のページはこちら

sakema_topvisual_pc
「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」はコチラ

直営店舗一覧

プロデュース店舗

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。