ワイングラスで日本酒が何倍も楽しめる!好相性の理由をご紹介 | KURAND(クランド)
鈴木 將央

ワイングラスで日本酒が何倍も楽しめる!好相性の理由をご紹介

2014/01/22

 
0001
日本酒といえばお猪口、徳利、熱燗のイメージ…
 
ところが最近ではワイングラスで日本酒を飲むスタイルが定着しつつあります。
 
実は、ワイングラスで日本酒を飲むことで、何倍にも美味しく感じることがあるのです。
今回はワイングラスと日本酒についてご説明します。
 
 
 

目次

 
 

なぜワイングラスで日本酒を飲むの?

KURAND
一言でいうと「お猪口で飲むよりも、何倍にも美味しく感じることがある」ためです。
 
そこでワイングラスで飲むメリット3つご紹介します。
 

1、香り

一般的なお猪口に比べ、ワイングラスには高さがあります。日本酒の香りが内側にこもりやすいため、長い時間に渡って香りを楽しめるのです。さらにその形状から、お猪口ではつかみきれなかった繊細な香りまでも感じさせてくれます。なんと利酒師のテイスティング試験でも、ワイングラスを使用しているんですよ。
 

2、グラスの形状

ワイングラスはグラスの口径の違い、カップ部分の高さで、口の中への入り方や舌の上の通り方、広がり方などが変わります。これはお猪口で飲むときと全く違う、甘みや酸味を感じることができるのです。さらに底面まで見えるグラス形状により、微妙な色付きや粘性も感じられます。
 

3、雰囲気

ワイングラスはお猪口と違い、流し込むように一口で飲むことはありません。色を見て、グラスを廻し、香りを楽しみます。そこには単なる味わいだけでなく、雰囲気の味わい方も付随してくるのです。
 
 

ワイングラスで飲むのにオススメな日本酒

青砥酒造
ワイングラスは口がすぼまったチューリップ型です。基本的に香りが良い日本酒であれば、ワイングラスの形は好相性です。
 

純米酒の米の風味を堪能

日本酒はお米からできています。そのため「米の香りがしっかりしていて、味わい深い」の純米酒を是非ワイングラスで飲んでみてください。炊き立てのご飯、つきたての餅のような、美味しそうな香りが引き立ちますよ。ワイングラスにより舌の上をスルスルと通り、優しくて深い旨味を十分に感じられます。
 

大吟醸や吟醸の華やかな香りを堪能

熟したバナナやリンゴ、白桃や梨などフルーツを連想させる香りが特徴の大吟醸、吟醸酒。ワイングラスの内側に香りがこもり、お猪口では感じられない繊細な香りも楽しめます。空気に触れ合わせることで香りが高くなるので、少し廻して飲むのがオススメです。
 

生酒のフレッシュさを堪能

KURANDでお届けしてるような生酒、しぼりたて、新酒は、フレッシュな柑橘系果物、若草や新緑の香り、すがすがしいハーブのような香りが特徴。もちろん冷やして飲むお酒です。ワイングラスで飲むことで、まるで白ワインのような若々しいフレッシュさが味わえ、軽快に楽しめます。「冷やおろし」等の生詰酒も、しっとりとした熟成香がワイングラス一杯に広がります。生酒についてはコチラも御覧ください。
 

スパークリング日本酒でシャンパン風に

スパークリング日本酒には清澄な日本酒タイプのものと、白濁した濁り酒タイプのものがあります。微炭酸の刺激を感じられるお酒なので、口に含んだ後の喉越しも楽しめます。ワイングラスで飲むことで、目で色を楽しめ、個性的な香り、軽快な喉越しも感じられます。
 
 

定番になりつつある「ワイングラスと日本酒」

実は海外ではほとんどの場合、日本酒はワイングラスで飲まれてます。また上でも紹介しましたが、日本酒の利酒師のテイスティング試験でも、ワイングラスが使用されています。
 
さらに最近では他にも様々な動きが多く見られてきました。
 

「ワイングラスと日本酒」アワードも毎年開催

ワイングラスでおいしい日本酒アワード
全国の蔵元が参加する「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」というアワードも毎年行われてます。

ワイングラスはその形状から、日本の伝統的な酒器ではつかみきれなかった繊細な香りまでも感じさせてくれます。また、底面まで見えるグラス形状により、微妙な色付きや粘性をも感じられるようになったのです。同じ日本酒を猪口からワイングラスに移しただけでも、誰もが違いを感じられるほど味わいが変わります。日本酒の持つ香りがこんなにも品があり、良いものだったことを初めて知った日本人も多く、今後の広がりが期待されます。
 
ワイングラスは日本酒の秘めたる魅力を引き出してくれる、最良のパートナーだったのです。

出典:ワイングラスでおいしい日本酒アワード公式HP

 
最近はスーパーやコンビニで販売されてる日本酒にも、このアワードの首掛けを見ます。ワイングラスで日本酒を飲むスタイルは、定着しつつありますね。
 
 

RIEDEL社からも日本酒専用のワイングラスが登場

001
ワイン好きの方ならもちろんご存知、創業250年の名門ワイングラスブランド「リーデル社」より、日本酒専用のワイングラスも登場してます。
 
これはワイングラスの製造で世界的に有名なリーデル社が、日本酒蔵元の協力を得て、日本酒(特に大吟醸)を飲むために開発したグラスです。100種類以上のサンプルグラスから、蔵元や専門家がテイスティングを重ねて選考し、最後に選ばれたものをさらに改良して完成させました。
 
縦長のボウル形状が、みずみずしくフルーティな香りや爽やかなのど越しをもたらしてくれるのです。
 
 

まとめ

ワイングラスと日本酒について、いかがでしたでしょうか。
 
もちろん伝統的なお猪口、徳利による飲み方も美味しく飲めますが、たまにはワイングラスで飲んでみるのもオススメです。
 
もちろん日本酒の魅力は熱燗にもあります。当たり前ですが熱燗で飲む際は、ワイングラスは避けてくださいね!
日本酒と酒器についてはコチラも御覧ください。
 
KURANDは毎月全国のこだわり蔵元の美味しい日本酒をお届けするサービスです。KURANDでは新鮮な生酒をお届けしているため、ワイングラスで日本酒を楽しむことをオススメしてます。ぜひあなたに合ったお酒、飲み方を見つけてみてください!
 
<KURANDサービスページへ>
moushikomi01