島根県

門出 -KADODE-

創業120年(明治29年創業)と長い歴史のある老舗酒蔵の女性蔵元杜氏・浅野理可氏が初めて醸した、女性の”門出”を祝福するための日本酒です。

門出 -KADODE- 純米吟醸

「ありふれた日常を特別なものに、女性の門出に祝福を。」がコンセプトの、すべての女性の”門出”を祝福する日本酒です。門出は卒業、上京、転職、結婚、出産と、日々の生活の中に溢れるもの。特に女性は門出を迎えるごとに強くたくましく、そして綺麗になっていきます。シナモンのような草木の香りが感じられ、お米のほのかな甘さが特徴。キレイな澄み渡った酸味が清涼感が演出します。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 15%
原料米 つや姫(島根県産)
精米歩合 60
日本酒度 +2

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

女性蔵元杜氏が初めて醸した、女性の”門出”を祝福するための日本酒


「門出」は120年(明治29年創業)と長い歴史のある老舗酒蔵の女性蔵元杜氏・浅野 理可(アサノ リカ)氏が初めて醸した、女性の”門出”を祝福するための日本酒です。

ブランドコンセプトと誕生秘話


「門出」は「ありふれた日常を特別なものに、女性の”門出”に祝福を」がコンセプトの、一宮酒造の新たなブランドです。”門出”は卒業、上京、転職、結婚、出産と、日々の生活の中に溢れるもの。
 
特に女性は”門出”を迎えるごとに強くたくましく、そして綺麗になっていきます。「門出」はすべての女性の”門出”を祝福するための日本酒です。
 
「門出」を醸す一宮酒造の女性蔵元杜氏・浅野 理可氏は、日本酒業界では珍しい女性の蔵人であり、酒造りの仕事はもちろん、プライベートでは出産・子育てと多様なライフイベントを控えています。
 
そんな人生の”門出”を迎えた蔵元杜氏自身の様々な想いが絡み合い、「門出」は誕生しました。

「門の先に咲く一輪の花」をモチーフにしたデザイン


日本では昔から、女性の姿は花に例えられてきました。
 
紅一点の由来の、草叢に咲く一輪のザクロや、立てば芍薬、歩けば牡丹…ということばのそのどれも、色強く華やかな女性のことをうたっています。
 
”女性のお祝いに花を贈るように、「門出」を祝うお酒を贈る”そんなメッセージと想いが門出のラベルデザインには込められています。

原料はすべて「島根県大田市産」


「門出」は、米・水・人すべてが島根県大田市産です。地元の素材にとことんこだわり、飲み手の「門出」を祝うお酒として真心と愛情をたっぷり注ぎ込む。安心と想いにこだわって「門出」は醸されています。

理想の香りを追求


「門出」は、理想の香りを追求するために2つの異なる酵母をブレンドして使用しています。また、低温でじっくりと発酵させる吟醸造りをおこない、澄んだ香りを引き出しています。

門出の席にふさわしい透明感のある澄んだ香りとみずみずしい飲み口


「門出」は、主役を引き立てつつ、その場を彩ってくれるような、門出を祝う席にふさわしい味わいです。
 
決して派手ではないが透明感のある澄んだ香り、口の中に広がる瑞々しい甘み、そしてついつい杯が進み、飲み手を笑顔にしてしまう飲み心地の良さが魅力です。

門出にプレゼントを


女性蔵元杜氏が醸した「門出」は全ての女性の方に飲んでいただきたいお酒です。また、色んな人の門出を祝福する時にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。きっと喜んでいただけると思います。

シーンを選ばない食中酒


シーンを選ばない食中酒として大活躍します。料理に負けないというよりは料理本来の良さをを引き立ててくれます。例えば、天ぷら蕎麦やお寿司、お刺身などと合わせるのがオススメです。
「門出」の持つすっきりとした味わいが素材の味をとことん引き出します。

KURANDスタッフから一言


女性蔵元杜氏が醸す、女性の門出を祝う日本酒「門出」。女性目線で酒質設計に取り組んだ味わいは、すっきりとした香りとお米の優しい甘みが特徴です。
 
門出の祝いに花一輪をプレゼントするように、女性蔵元の想いが込められた門出をプレゼントしてみるのはいかがですか?
 

お客さまの声

女性が造ったと聞いて、最初は甘口の優しい味わいの日本酒を想像しました。しかし、実際に飲んでみるとボディがしっかりしており、芯のある味わいです。その中に優しいお米の香りも感じられました。まるで、杜氏さんの思いや性格まで伝わるような素晴らしい一品です。 30代女性

造り手からのコメント


「私の中に存在する、色々な想いが絡み合って生まれたのが「門出」です。
 
結婚をして、そして出産を控えて。そんな状況でも跡継ぎは私だけ。果たしてどこまで自分の人生にワガママでいられるのか。女性としての幸せって何だろう。跡継ぎとしての責任って何だろう。
 

120年以上続く、一宮酒造の想いを次代に繋いでいくためにも、私で途絶えさせてはいけない。このお酒はもう私だけのものじゃない。これまで応援してくれた人、家族のもの。そして何より代々続く一宮の味を好み、楽しみにしてくれているお客様のもの。
 

当たり前を追求し続けることは本当に難しい。味にこだわること、品質を維持し続けること。毎日、”自分にはできるんだろうか、いや、できる、やるしかない”という確かな自信と不安が混在した気持ちを抱え奔走してきました。
 
想いを紡ぎ、造り切ることができたこの日本酒こそが、私にとっての”門出”でもあります。どうか、この日本酒を飲むすべての人の日常に門出と祝福が訪れますように。そんな想いを込めました。」

最後に

浅野理可さんから皆さまへ、「門出」への熱い想いを原稿2枚にもわたりご執筆いただきました。
「門出 -KADODE-」に対する想いが全て詰まってます。

浅野理可さんのお手紙はこちらから

SAKAGURA

一宮酒造(島根)

世界遺産「石見銀山」、国立公園「三瓶山」を有する街、島根県大田市で酒造りを始めて120年。代表銘柄「石見銀山」をベースに明治29年創業からの伝統の酒造りを守りながらも、近年は発泡清酒やリキュールなど時代のニーズに合った商品開発にも積極的に取り組んでいる。蔵元を継ぐため、東京農業大学で修行中だった蔵元の浅野理可さんが一昨年から蔵に入り、現在は女杜氏を目指し奮闘中。清酒の原料米、リキュールの原料など地元大田市産にとことんこだわり、真心・愛情たっぷりのお酒を醸している。

関連記事

おすすめ商品

ランキング

福島
1

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

新潟
2

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

岐阜
4

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
5

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

山形
6

梧桐 大吟醸 超辛+10

山形県産のお米を45%まで丁寧に精米した、超辛口の鋭いキレが最大の特長の日本酒です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。

KURANDの商品を買えるのは、KURAND オンラインストアだけ。

KURANDオンラインストアに会員登録していただくと、新商品情報やお得な情報をお届けします。

会員登録はこちら