栃木県

KOE

試験醸造酒「koe 純米吟醸」のモニタリングで、お客様からいただいた“声”に耳を傾け、問題点の改善を行った結果、理想に近い味わいが完成しました。お酒とお客様の“声”から生まれた新しい日本酒の味わいをお愉しみください。

KOE 純米吟醸 Yellow green & Light blue 生

「KOE 純米吟醸 Yellow green & Light blue」は、“声”から生まれる日本酒プロジェクトから誕生した日本酒です。本プロジェクトは、日本酒の“声”とお客様の“声”に耳を傾けながら、インタラクティブに日本酒醸造を進めるという、業界初の試みです。「旬な果物をかじったような味わい」をテーマに、しぼりたてならではのフレッシュなお酒に仕上がりました。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 16%
原料米 あさひの夢(栃木県産100%使用)
精米歩合 60%
日本酒度 -3
酸度 1.5
アミノ酸度 1.3

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

KOE 純米吟醸 Yellow green & Light blue

「KOE 純米吟醸 Yellow green & Light blue」は、“声”から生まれる日本酒プロジェクトから誕生した日本酒です。本プロジェクトは、日本酒の“声”とお客様の“声”に耳を傾けながら、インタラクティブに日本酒醸造を進めるという、業界初の試みです。「旬な果物をかじったような味わい」をテーマに、フルーティーな風味とジューシーな甘みがダイレクトに楽しめるのが特徴です。最初の口当たりは、包み込むような柔らかさがあり、舌で感じる上質な甘みが程よい酸味と合わさることでまるでメロンのような深みのある甘さに変化していきます。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 16%
原料米 あさひの夢(栃木県産100%使用)
精米歩合 60%
日本酒度 -3
酸度 1.5
アミノ酸度 1.3

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

“声”から生まれる日本酒プロジェクトについて

あなたの声を聞かせてください。


KURANDと栃木県・西堀酒造は共同で、“声”から生まれる日本酒プロジェクトを開始しました。本プロジェクトは、日本酒の”声”とお客様の“声”に耳を傾けながら、インタラクティブに日本酒醸造を進めるという、業界初の試みです。

日本酒の“声”に耳を傾けて醸した試験醸造酒を飲んだお客様の“声”を集めるモニタリングを、「KURAND SAKE MARKET」全店でアンケート形式で実施しています。

新しい味わいを生み出すための試験醸造


日本酒を飲みなれていない方にもインパクトを感じていただける新しい味わいを目指し、“声”から生まれる日本酒プロジェクトはスタートしました。そのためにまず取り組んだのが試験醸造です。試験醸造とは、新しい日本酒の開発に向けて少量で試験的に醸造することを指します。西堀酒造では試験醸造用に特注の透明タンクを導入し、全方位から徹底的に発酵過程を分析することで新しい日本酒造りに取り組んでいます。

「透明タンク」から聞こえてくるお酒の“声”


西堀酒造は特注でアクリル製の透明な仕込みタンクを開発しました。アクリル素材を使ったタンクで本格的に仕込みを行うのは業界初の試みです。

透明なタンクだからできる、きめ細かな観察の繰り返し、データだけでは読み取れない機微を感じ取り、自然の原理・摂理を読み解いていく。

それはまるでもろみと会話をしているような不思議な感覚を味わえます。

昨年の試験醸造酒「koe 純米吟醸 2017」へのお客様の“声”(アンケート結果)


昨年の試験醸造酒「koe 純米吟醸 2017」は、「旬な果物をかじったような味わい」をテーマにお酒の“声”を聞きながら醸した日本酒です。そして「KURAND SAKE MARKET」全店で、アンケート形式でモニタリングを半年間実施した結果、お客様のたくさんの“声”が集まりました。

<アンケート結果>
1位:黄緑(15.6%)
1位:水色(15.6%)
3位:オレンジ(12.5%)

ー紫のむっちりとした皮を剥くと現れる、みずみずしい巨峰の果肉。その透き通った黄緑をイメージさせる。(20代・男性)
ー清流のようにさわやかなお味でした。緑に近い水色のイメージです。(20代・女性)
ーメロンをイメージしました。(50代・男性)

「KOE 純米吟醸 Yellow green & Light blue」の誕生

“声”から生まれた日本酒


お客様の“声”をもとに商品化されたのが「KOE 純米吟醸 Yellow green & Light blue」です。昨年のモニタリングでお客様からいただいた“声”に耳を傾け、問題点の改善を行った結果、理想に近い味わいが完成しました。お酒とお客様の“声”から生まれた新しい日本酒の味わいをお愉しみください。

栃木の素材から生まれた、旬な果物をかじったような味わい


栃木の酒蔵として、県内産の素材から新しい味わいを生み出すことにこだわりました。原料米には栃木県産の「あさひの夢」を、そして酵母は「M310酵母」を使用しています。また、試験醸造で得たデータをもとに、吟醸造りを徹底し、低温発酵状態を長期キープ、濃醇タイプながらも香りの立つ甘みが感じられるようこだわりました。

ワイングラスで、素材の味わいを生かした前菜と


“声”に耳を傾けることで生まれたプロジェクト第一弾となる商品です。お酒のテーマに対して飲み手の声を聞いて完成した商品ですので、フルーティーでジューシーな味わいをお好みのかたには自信をもっておすすめできる日本酒です。

造り手からのコメント


カラーイメージを意識して、当蔵の特徴でもある濃醇旨口の基本軸を基底に、昨年と比較して味の軽さが出るように醸造しました。日本酒醸造は、多変数の混じり合う超複合的な要素を追究する世界です。

新酒時点での味わいと、半年・1年後の熟成後の味わいも、単純な成分ではなく、あらゆる香り成分1つとっても、あまりに多くの要素が絡み合い、常に一回性との闘いになります。100%反復・再現可能なソフトウェア型製品の対極であるとも言えます。

透明タンク醸造における、醪との対話では、人間の管理意志を超越した「生命体の意志」、自然への畏敬の念を感じるとともに、どのように変化するかという、不確実性と偶然性の対峙が始まります。

データは、蓋然性を決める道筋に過ぎません。その先の変化は、未知の領域となります。

新酒から熟成にかける過程と生・火入れ、飲み方の温度帯など、製造後の飲み方でも変化をつけることができる、ある意味か弱い嗜好品です。一回性を意識して、その瞬間の楽しみを開発していただければ幸いです。

商品開発者からのコメント


“声”に耳を傾けることで生まれたプロジェクト第1弾となる商品です。お酒のテーマに対して飲み手の声を聞いて完成した商品ですので、フルーティーでジューシーな味わいをお好みのかたには自信をもっておすすめできる日本酒です。

SAKAGURA

西堀酒造(栃木)

1872年創業以来変わらぬ手造りの心を大切に守り、「飲んだときに、インパクトを感じる酒」を目指し醸す西堀酒造。日光連山より湧き出す天然伏流水と最高の酒造好適米を使用して、酒造りを続けている。代表銘柄でもある「門外不出」は、栃木県の米と水、そして地元を愛する心から生まれた銘柄。「自分達の身の丈にあっただけの量の酒を造り、地元の方に愛飲していただける酒を造ろう」という考えから、少量生産で栃木県内でほぼ消費される、まさに門外不出の地酒。造り手の思いと共に、栃木を感じられる一品。

関連記事

おすすめ商品

ランキング

兵庫
1

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

新潟
3

【2019年2月新発売!】酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒 しぼりたて生 30BY

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

新潟
4

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

新潟
5

晴れの日の雨 純米大吟醸 お猪口2個セット

「晴れの日の雨」は、「あなたにとっての”晴れの日”に幸せの雨が降ることを願って」というBoAの思いにちなんで名付けられた、醸造の町・摂田屋の老舗酒蔵が、寒冷な気候の中で丁寧に醸した純米大吟醸です。凛とした美しさを感じる超辛口の味わいで、あなたの”晴れの日”を華やかに彩ります。

6

【梅】「初売りKURAND福袋」

KURANDがストーリーを大切にパートナー酒蔵と一緒に開発した日本酒・果実酒4本以上をはじめ、「KURANDからのお年玉」や「KURANDオリジナルグッズ」などが計7点以上詰まったKURANDビギナー向け福袋です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。