SHINKA

「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」には徳島県の酒蔵・三芳菊酒造が徳島県産の酵母を、「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」には愛媛県の酒蔵・千代の亀酒造が愛媛県産の酵母をそれぞれ使用しており、どちらもその特性を最大限引き出す仕込み方でつくったフルーティーな日本酒です。

純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル

酵母が生み出す日本酒のフルーティーな香りをもっと楽しむために生まれた「SHINKA」。「阿波トロピカル」は、トロピカルフルーツを思わせる多彩で濃密な香りと甘酸っぱい味わいが特徴です。フルーティー好きな方には是非飲んでいただきたい日本酒です。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 16%
原料米 山田錦(徳島県産100%使用)
精米歩合 60%
日本酒度 非公開
酸度 2.2
アミノ酸度 1.7

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール

酵母が生み出す日本酒のフルーティーな香りをもっと楽しむために生まれた「SHINKA」。「瀬戸内ポワール」は、洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香りが特徴です。フルーティー好きな方には是非飲んでいただきたい日本酒です。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 16%
原料米 松山三井(愛媛県産100%使用)
精米歩合 60
日本酒度 非公開
酸度 1.5
アミノ酸度 1

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

果物のような香りを楽しむ日本酒ブランド「SHINKA」

テロワール酵母が生み出す果物のような日本酒


酵母が生み出す日本酒のフルーティーな香りをもっと楽しむために生まれた日本酒ブランドが「SHINKA」です。
 
「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」には徳島県の酒蔵・三芳菊酒造が徳島県産の酵母を、「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」には愛媛県の酒蔵・千代の亀酒造が愛媛県産の酵母をそれぞれ使用しており、どちらもその特性を最大限引き出す仕込み方でつくったフルーティーな日本酒です。
 

“SHINKA”するブランド


「SHINKA」のネーミングには、「新香」+「進化」+「深香」の意味が込められています。日本酒の美しい香りを追求するあくなき探求心と、酵母が生み出すフルーティーな香りをもっと楽しんで欲しいと願う造り手の想いから生まれたブランドです。
 

「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」


「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」は、トロピカルフルーツを思わせる多彩で濃密な香りと甘酸っぱい味わいが特徴の日本酒。フルーティー好きな方に、ぜひおすすめしたい一本です。
 

阿波トロピカルの香りを生み出す徳島酵母


「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」に使用している徳島酵母は、阿波の温暖な気候と吉野川がもたらす豊かな土壌に恵まれた徳島県で開発されました。徳島酵母は、三芳菊酒造と徳島県立工業技術センターが共同で開発した酵母で、香り成分を豊富に生成するのが特徴です。
 

徳島酵母のスペシャリストによって引き出される香り


三芳菊酒造は徳島酵母を開発した酒蔵で、徳島酵母を知り尽くしたスペシャリストです。その三芳菊酒造では、徳島酵母の特性を生かすため、一般的な仕込みより高温で仕込むことでその豊かな香りを引き出しています。
 

阿波で育まれた米と水


業界でも評価の高い地元阿波で育った山田錦を全量に使用しています。また、仕込み水には秘境祖谷の吉野川伏流水松尾川の湧き水を使用しています。柔らかい口当たりが特徴の超軟水で、岩場から流れ出る名水として知られています。
 

トロピカルフルーツを思わせる多彩で甘く濃密な香り


「純米吟醸 SHINKA 阿波トロピカル」は、トロピカルフルーツを思わせる多彩で甘く濃密な香りと、甘い香りに負けない濃淳な甘みとそれらをまとめるすっきりとした酸味が特徴です。また、風味の特徴を生かすため、加熱処理を一切おこなわない本生のまま瓶詰めしています。
 

造り手からのコメント


若い世代には飲まれなくなった日本酒の復権を目指し酒造りをおこなっています。”日本酒を飲まない人たちに日本酒の魅力を伝えたい”。そのためにできることは何かと考えております。
 

「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」


「 純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」は、洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香りが特徴の日本酒。フルーティー好きな方に、ぜひおすすめしたい一本です。
 

瀬戸内ポワールの香りを生み出す愛媛酵母


「瀬戸内ポワール」に使用している愛媛酵母「EK-7」は、瀬戸内の温暖で豊かな自然を有する愛媛県で開発されました。香り成分を豊富に生成するのが特徴で、愛媛の風土で育った米との相性が良いフルーティーな日本酒づくりに向く酵母です。
 

愛媛酵母の特徴を引き出す酒造り


千代の亀酒造では、愛媛酵母の特徴である洋梨のようなフルーティーな香りを引き出すため、一般的な仕込みより低温で仕込む「吟醸造り」で発酵させました。また、上槽後すぐに瓶詰め、瓶燗火入れ、冷蔵管理を行うことで、鮮度そのままの状態をキープしています。
 

瀬戸内で育まれた米と水


お米には、愛媛県内子町の契約農家と蔵人が協力してつくった、愛媛県の酒米「松山三井」を全量に使用しています。また仕込み水には、小田深山を源泉とした軟水の伏流水を使用しています。
 

洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香り


「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」は、洋梨(ポワール)を思わせる甘美で豊かな香りと、すっきりとした甘味が特徴です。また軟水の仕込み水を使用した、柔らかい口当たりもお楽しみいただけます。
 

造り手からのコメント


「純米吟醸 SHINKA 瀬戸内ポワール」は、飲み手の皆様に華やかな洋梨のような香りを醸す酵母、そしてお米を楽しんでいただくことをコンセプトとした、302年目となる我々造り手(弊蔵)としては気持ち新たに爽やかな気持ちで造りに挑んだお酒です。弊蔵のオススメはお食事前の食前酒として、もしくは食後のデザートと合わせることですが、どんな料理に合うのか、どのようなタイミングで飲むのが良いのか、皆様にも教えていただき一緒に育てていきたいお酒です。ぜひ、お楽しみください。
 

KURANDスタッフから一言


「SHINKA」は、ワイングラスで飲んでいただくことをおすすめしています。お猪口などと比べると繊細な香りまで感じることができるので、よりフルーティーな香りを楽しんでいただけます。空気に触れ合わせることで香りが高くなるので、少し廻して飲むのもオススメです。
 

お客さまの声

「果物のような日本酒」と言う名前の通り、香りが果物のように豊かで、フルーティな日本酒好きの私にはぴったりでした!阿波トロピカルと瀬戸内ポワールを香り比べ・飲み比べしてみるのもおすすめです。 20代女性

関連記事

おすすめ商品

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
6

酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸

甘口の日本酒に対する酒蔵のひとつの思いから生まれた、オール埼玉県産の日本酒です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。