富山県

八男 -YATSUO-

富山県・越中八尾の熱い男が醸した濃い味わいの日本酒です。約8割を山間部に囲まれた自然豊かな越中八尾で、杜氏と蔵元、蔵元夫人のたった三人が、富山県産の素材にこだわり醸した日本酒です。

八男 無濾過純米酒

酒蔵の「越中八尾を知ってもらいたい、余韻を残したい」という想いを胸に、「ずっと余韻が残る酒」であるようにと心を込めて造った日本酒です。存在感際立つしっかりとした味わいで、キレの良さが特長です。アーモンドのような香り。お米の旨味が口の中に一気に広がります。酸味が辛さを引き立て、どっしりとした味わいが楽しめます。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 18%
原料米 麹米・五百万石(富山県産)/掛米・てんたかく(富山県産)
精米歩合 65
日本酒度 +5
酸度 2.1
アミノ酸度 非公開

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

富山県・越中八尾の熱い男が醸した濃い食中酒


「八男」は、富山県・越中八尾の熱い男が醸した濃い味わいの日本酒です。本商品は、約8割を山間部に囲まれた自然豊かな富山県・越中八尾で、杜氏と蔵元、蔵元夫人のたった三人が、富山県産の素材にこだわり醸した日本酒です。

濃い味わいのわけ


「八男」は、元国体選手であり蔵元である玉生 貴嗣(たもう たかつぐ)氏が「越中八尾を知ってもらいたい、余韻を残したい」という想いを胸に、「ずっと余韻が残る酒」であるようにと心を込めて造ったからこそ、存在感のある濃い味わいになりました。

オリジナルキャラクター「八男」


「八男」のラベルには、醸す人の「熱さ」とお酒の「濃さ」を表現しました。中央には、越中八尾の熱い男をイメージしたオリジナルキャラクター「八男」が、越中八尾の祭「おわら風の盆」*で踊り子がかぶる編笠を頭に、踊る姿を現しています。
 
※毎年9月1日から3日に開催され、約25万人もの見物客が訪れる富山県を代表する祭。

富山の米と水


「八男」は、全量富山県産米を使用しています。そして、仕込み水はすべて常願寺川水系の軟水地下水です。富山の上質な米と、地下に流れる豊富な天然水から生まれたのが「八男」です。

濃い×濃いマリアージュの提案


濃い純米酒の「八男」は濃い料理との相性が抜群です。かなり存在感がある「八男」は味付けの濃い料理と合わせても一切負けません。
 
ステーキやハンバーグ、餃子、肉じゃが等々、なんでも合わせることができます。ぜひ、がっつり食べてどっしり飲んで下さい。

KURANDスタッフから一言


「八男」は飲んだだけで、「熱い男が醸した日本酒」だと伝わります。美味い水と米で、美味い酒を造る。当たり前のことを当たり前のように醸す酒蔵でありたいという蔵元の思いが愚直に表現されています。ぜひ、濃い料理と合わせて濃い純米酒を楽しんでみて下さい。
 
スタッフによる解説はコチラ

お客さまの声

濃い純米酒に惹かれました。どっしり、ガツンと飲める、まさに日本酒好きにはたまらない一品です。
個人的には熱燗にしてお米の香りを際立てさせる飲み方がおすすめです。 30代男性

造り手からのコメント


県内外から、そして国外から、この酒は「どこで」「誰が」「どんな場所で造っているのか」と興味を抱き、「実際に現場を見に行きたい」と、越中八尾へ訪れてもらえるような酒を醸したい。
 

お酒に興味を持った大勢の方々に、越中八尾へ訪れてもらい、八尾の魅力を感じて帰ってもらえるようなまちづくりを目指しています。(玉旭酒造・蔵元 玉生貴嗣氏)

SAKAGURA

玉旭酒造(富山)

玉旭酒造は、富山県内有数の老舗蔵。1808年(文化5年)創業と言われ、代々、淡麗辛口の地酒を醸している。杜氏と蔵元、二人っきりでの小さな酒造りには大きな夢がある。美味い水と米で、美味い酒を造る。当たり前のことを当たり前のように醸す酒蔵でありたい。大量生産をせず、手作りの品を直接お客様に手渡しできるような、真心のこもった酒造りを心がけて。それが、二人の夢見る【誰もが忘れられない余韻(思い出)に浸れる酒】に繋がると信じて─。おわら風の盆と共に歩む誇り高き酒蔵。

関連記事

おすすめ商品

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
6

酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸

甘口の日本酒に対する酒蔵のひとつの思いから生まれた、オール埼玉県産の日本酒です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。