&AKA Sparkling
&AKA Sparkling
&AKA Sparkling
&AKA Sparkling

新感覚の赤い梅酒「&AKA(アンドアカ)」より、色と味わいに深みが増した大人の梅酒スパークリングが登場しました。赤ワインに加えてブランデーをベースに使用した、これまで以上にエレガントな味わいです。

&AKA Sparkling &AKA Sparkling &AKA Sparkling &AKA Sparkling
近畿地方
>
和歌山県

&AKA Sparkling

梅酒 アルコール度数11%
¥5,500 (税込)
8,800円以上で送料無料 詳細

新感覚の赤い梅酒「&AKA(アンドアカ)」より、色と味わいに深みが増した大人の梅酒スパークリングが登場しました。赤ワインに加えてブランデーをベースに使用した、これまで以上にエレガントな味わいです。

容量

新感覚の赤い梅酒「&AKA(アンドアカ)」より、色と味わいに深みが増した大人の梅酒スパークリングが登場しました。赤ワインに加えてブランデーをベースに使用した、これまで以上にエレガントな味わいです。

商品情報

商品情報

アルコール度数 11 %
原材料 ワイン(国内製造)、梅糖抽出果汁(和歌山県製造)、ブランデー/酸化防止剤(亜硫酸塩)、炭酸ガス
ベース ワイン/ブランデー
系統 梅酒

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

オススメの飲み方

ストレート
ロック
ソーダ
アイス
ホット
その他

味わいの特徴

紀州南高梅の芳醇な香りとスッキリとした甘酸っぱさに、赤ワインの果実味とブランデーのコクが絶妙にマッチします。特別な日の乾杯や食中酒として、ちょっと贅沢でリッチな味わいをご堪能下さい。

楽しみ方

赤い泡が映える美しいグラスで

赤ワインとブランデーのリッチで芳醇な香りと味わい、濃厚な南高梅の風味が重なり合った珍しいスパークリング。ローストビーフなどのお料理との相性がよく、果実味溢れる風味が鼻に抜け、口福な余韻をもたらします。

おすすめの飲み方

ストレート

&AKA Sparkling

ストーリー

赤ワイン&ブランデー仕込み
魅惑の大人スパークリング

赤ワインとブランデーで仕込む
まったく新しい泡の梅酒

&AKA Sparkling 赤ワインとブランデーで仕込む
まったく新しい泡の梅酒

赤ワインとブランデーで仕込む
まったく新しい泡の梅酒

梅酒のベースには焼酎などを用いることが多いですが、今回は赤ワインとブランデーで仕込んでいます。深く芳醇な香りが梅の甘酸っぱい味わいとよくマッチして、エレガントな余韻を長く感じられます。重厚ながらも喉越しはシュワっと爽やかで、乾杯にもおすすめ。グラスに注いだときのセクシーな色合いが美しい、大人の魅力たっぷりな梅酒スパークリングです。

贅沢なごちそうと一緒に
大切な人と杯を交わして

&AKA Sparkling 贅沢なごちそうと一緒に
大切な人と杯を交わして

贅沢なごちそうと一緒に
大切な人と杯を交わして

奥行きのあるリッチな味わいが肉料理や洋食を引き立て、爽快感のある酸味と炭酸が口の中をすっきりとさせてくれます。グランピングやホームパーティーなど、お洒落なシーンに持ち寄れば、特別な雰囲気を盛り上げてくれることでしょう。家族や友達と、いつもと違った食事を楽しみたいときにもおすすめ。エレガントで高潔な時間を気軽に演出してくれます。

和歌山の特産品の価値を高めたい
最新設備のワイナリーで造る

&AKA Sparkling 和歌山の特産品の価値を高めたい
最新設備のワイナリーで造る

和歌山の特産品の価値を高めたい
最新設備のワイナリーで造る

和歌山の梅の魅力をエレガントに伝える梅酒スパークリング。造っているのは、和歌山県有田郡の「湯浅ワイナリー」。日本で最初に醤油が造られてから受け継がれてきた醸造文化が根付く湯浅町で、最新の設備が整った近未来的なワイナリーです。ワイン造りはもちろん、和歌山の特産品の価値向上を実現できるような商品の開発にも力を注いでいます。

造り手からのコメント

西馬功さん (工場長)

梅果汁に赤ワインを贅沢に使用し、さらにブランデーを加えて深みを付けた、リッチな感覚が味わえるスパークリング梅酒です。

湯浅ワイナリー

KURANDスタッフの
コメント

梅酒?赤ワイン?ブランデー?どんな味がするのかな?と疑問を持たれる方も多いと思いますが、そこは飲んでのお楽しみ。それぞれの素材の味わいが感じられつつも、すべてがマッチして調和のとれたまさに「絶妙」の味わいに仕上がっています。ぜひ一度お試しください。
SAKAGURA

湯浅ワイナリー(和歌山県)

「湯浅ワイナリー」は2019年設立。古くからの醸造の文化が根付いている醸造の町、湯浅で、ワイン醸造のために必要な広い敷地と最新の設備を揃え、専門家たちの技術が存分にふるえるクリーンな工場を構えています。2020年の新酒から、湯浅の地でぶどう栽培とワイン醸造をスタート。その土地の情景が見えるワインづくりを目指しています。

お客さまの声

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)