TOP FRESH VINTAGE the epic
FRESH VINTAGE the epic
クール必須

FRESH VINTAGE the epic

¥110,000 (税込)
容量

※10,000円以上で送料無料です。

※地域によっては地方別送料が発生します。

※クール便での配送のため、手数料¥330が発生します。

氷点下で眠り続けた7300日
すべての原点にして最高傑作

「FRESH VINTAGE」というepic(叙事詩)のはじまり、そしてそのすべてを語る至高の1本。ひとたび口に含めば、人智を超えた味わいと香りが繚乱。
舌に触れ、喉を通るまでのその一瞬で、あなたは「20年のすべて」を体感する。

商品の特設ページはこちら

FRESH VINTAGE
はじまりの1本

1978年、酒蔵「中野酒造(現中野BC)」では当時の日本では珍しかった「氷点貯蔵庫」をいち早く導入しました。時は流れて2002年。まだお酒の熟成という概念も浸透していなかったこの時代に、「この貯蔵蔵を活かした酒造りをしたい」というかつての杜氏の意向により「FRESH VINTAGE」シリーズが始まりました。その時に貯蔵した幻のお酒こそ「FRESH VINTAGE the epic」なのです。

約20年で積み重なった
奥深い香味と静かな余韻

「ビンテージだけどフレッシュ」な味わいの始まりの1本。氷点下でフレッシュなままゆっくりと20年間熟成が進むことで、深みのある上品な香りと、きめ細やかな旨味の日本酒が完成しました。舌に触れた瞬間にあふれだすのは膨大な量の香りと味わい。あまりにも複雑に五感を刺激しながらも上品にまとまるその香味は、シリーズの中でも最も奥深く、最後には心地よい静かな余韻までも楽しませてくれる、まさに物語を築き上げた至高の1本です。

紀州の土地とともに築いた
氷点下での熟成技術

酒蔵のある紀州は、温暖な気候の地域。その気候が影響し、夏を越すとお酒が過熟状態となり、色付きや味わいに重みが出ることに先代は悩んでいました。蔵の温度を一定に保つための方法として選んだのは、当時では珍しい氷点貯蔵庫の導入。お酒造りに対する愚直なまでの熱意、そして「氷点下での熟成技術」を活かし、蔵人たちのチャレンジ精神とともに「FRESH VINTAGE」は磨きあげられました。
味わいマップ
濃醇辛口
濃醇甘口
淡麗辛口
淡麗甘口
アルコール度数
17.0 %
特定名称
非公開
原料米
非公開
精米歩合
非公開
日本酒度
-1
酸度
1.6
アミノ酸度
1.9
原材料
米(国産)、米麹(国産米)
炭酸の有無
炭酸無し
製造元
保管方法
要冷蔵

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

おすすめの飲み方

ペアリング

サーモンの冷燻 ジェノバソース、生ハムとコンテチーズのカナッペ

飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

お客様の声

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

ぜひあなたに飲んで欲しい

ピックアップ

ピックアップ