出雲いちじくのお酒
出雲いちじくのお酒
出雲いちじくのお酒
出雲いちじくのお酒

酒ガチャ福袋 2022」での先行販売商品です。

出雲市多伎町で栽培した蓬莱柿(ほうらいし)という品種のいちじくを使用してつくった果実酒です。いちばん美味しい状態を見極めて収穫したいちじくだからこその、芳醇で上品な甘みを感じられます。

出雲いちじくのお酒 出雲いちじくのお酒 出雲いちじくのお酒 出雲いちじくのお酒
中国地方
>
島根県

出雲いちじくのお酒

果実酒 アルコール度数7%
¥2,190 (税込)
8,800円以上で送料無料 詳細

酒ガチャ福袋 2022」での先行販売商品です。

出雲市多伎町で栽培した蓬莱柿(ほうらいし)という品種のいちじくを使用してつくった果実酒です。いちばん美味しい状態を見極めて収穫したいちじくだからこその、芳醇で上品な甘みを感じられます。
容量

酒ガチャ福袋 2022」での先行販売商品です。

出雲市多伎町で栽培した蓬莱柿(ほうらいし)という品種のいちじくを使用してつくった果実酒です。いちばん美味しい状態を見極めて収穫したいちじくだからこその、芳醇で上品な甘みを感じられます。

商品情報

商品情報

アルコール度数 7 %
原材料 ぶどう糖果糖液糖(国内製造)、醸造アルコール、いちじく、いちじくペースト、ピーチピューレ/ 酸味料、香料、酸化防止剤(酵素処理ルチン、ビタミンC)、着色料(アカキャベツ)
ベース 醸造アルコール
系統 フルーツ系リキュール

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

オススメの飲み方

ストレート
ロック
ソーダ
アイス
ホット
その他

味わいの特徴

完熟いちじくの果肉がゴロゴロはいった上品で濃厚な甘みが特徴です。いちじく好きにはたまらない、ゴージャスな大人の味わいをお愉しみください。

楽しみ方

素材の風味とゴロゴロ果肉はロックスタイルで

素材そのままの風味と食感は、ロックスタイルが一番のおすすめです。また、そのままバニラアイスに掛けていただくと、上品な甘さと種のプチプチの食感をお愉しみいただけます。

おすすめの飲み方

ロック、アイスクリームにかけて

出雲いちじくのお酒

ストーリー

甘熟いちじくでつくった
こだわり農家の贅沢果実酒

あまい濃厚果肉が魅力の
「蓬莱柿(ほうらいし)」を使用

出雲いちじくのお酒 あまい濃厚果肉が魅力の
「蓬莱柿(ほうらいし)」を使用

あまい濃厚果肉が魅力の
「蓬莱柿(ほうらいし)」を使用

島根県で採れた、「蓬莱柿(ほうらいし)」という品種のいちじくを使用。皮がとてもやわらかく、濃厚で甘い味わいが特徴です。収穫時期は8月下旬から9月上旬とされていて、おしりのところが割れていたら食べごろ。上品なとろけるような甘みとほんのり感じる酸味のバランスが絶妙です。さらに、プチプチとした食感がやみつきになります。

雨にも照りつける日差しにも負けず
立派に育ったいちじくを厳選

出雲いちじくのお酒 雨にも照りつける日差しにも負けず
立派に育ったいちじくを厳選

雨にも照りつける日差しにも負けず
立派に育ったいちじくを厳選

いちじくはとてもデリケートな果物。雨が3日続いただけで腐ってしまったり、夏場に高温が続くと日焼けして、一見完熟に見えるけど中はまだ食べごろではないという状態になってしまったりすることがあります。「出雲いちじくのお酒」で使用しているのは、そんな環境にも負けず、すくすく育ったいちじくたち。厳選された上質な味わいです。

「今日の調子はどうだい?」と
一本一本の木と向き合っています

出雲いちじくのお酒 「今日の調子はどうだい?」と
一本一本の木と向き合っています

「今日の調子はどうだい?」と
一本一本の木と向き合っています

島根県のいちじく農家タキ・ファームの誕生は1997年。当時ガソリンスタンドを経営していた代表の石飛さんは、持っていた農地でいちじくの栽培をはじめました。今までとはまったく違う業種かつ、無知の状態ではじめた農業。未知なる世界への挑戦でした。そんな石飛さんがいちじくを育てる上で大切にしていることは、毎日1本1本の木に話しかけること。それぞれの木にあった手入れをすることで絶品いちじくが出来上がります。

造り手からのコメント

石飛 準さん (いちじく農家)

いちじくの栽培は天候に左右されるので非常に難しいです。だからといって品質に妥協は許さず、厳しい基準で線引きしています。そんなこだわりを持ってできた、甘熟いちじくの果肉を贅沢に感じてみてください。

北岡本店

KURANDスタッフの
コメント

ゴージャスないちじくの甘みが愉しめるお酒です。果物本来の美味しさを味わえる本シリーズならではのスペシャルな味わいは、ぜひロックスタイルでじっくりとご賞味ください。
SAKAGURA

北岡本店(奈良県)

奈良県南部、吉野熊野国立公園の入り口、ひと目千本と詠まれた桜の名所「吉野」に蔵を構える北岡本店。この地を主題にした名歌が「万葉集」に収められており、さらに時代が下ると源義経の東下り、後醍醐天皇の南朝、太閤秀吉の花見など自然と歴史と文化に満ち溢れた土地。「日本古来の酒造り技術を伝承し、おいしい酒を通じて、心温まる人間関係の成立に寄与する」をモットーに酒造りに取り組んでいる。コミュニケーションツールとして飲み手に幸福感を与える酒を目指し、「Made in Nara」の地酒を追及している。

お客さまの声

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)