数量限定抽選販売

神響 shinkyo 50年

110,000 円(税込) / 720ml
申し込み期間:7月3日(水)17時 〜 7月17日(水)13時
応募の時点では料金は発生しません。
※広告ブロック機能をご利用の場合、
応募フォームが表示されない場合がございます。

その美味しさの秘密は、
神のみぞ知る。

1974年、愛媛県の酒蔵が歴史ある蒸留器や
製法を用いて、完成させた「酒粕焼酎」。

「長く熟成をさせた焼酎は、
極上の滑らかさに丸みを帯びた味わい、
そして格別の香りをもつこととなる」。

その時が来ると信じ、
ひたすらに天命の時を待ち続けた。

時が過ぎること「50年」。

舌をするりと流れゆく柔らかな口当たり、
お米の旨みが凝縮された
奥ゆかしくも芳醇な味わい……。

痛烈な記憶を残す衝撃的な香味、
人智を超えた味わいを己の舌で体感せよ。

STORY

神響 shinkyo 50年 神響 shinkyo 50年

始まりはちょうど50年前、
酒粕焼酎からはじまった。

「神響 shinkyo 50年」の歴史は1974年にまで遡る。愛媛県四国中央市にある酒蔵「梅錦山川」で、酒粕を原料にした焼酎がつくられた。今や幻といわれるまでになった兜(かぶと)釜を使った蒸留方法を採用。酒蔵にあった酒粕を「せいろ」に広げ、兜窯より生じる蒸気で蒸す。その蒸気を集め再度蒸留。手間のかかる作業を幾度も繰り返し、「酒粕焼酎」を生み出した。

神響 shinkyo 50年 神響 shinkyo 50年

好奇心と夢を頼りに、
人々は「その時」を待ち続けた。

蔵の人々は、完成した焼酎をすぐには商品化しなかった。なぜなら、焼酎は長く寝かせるほど、奥深い香味とやわからな味わいが生まれるということを知っていたから。「この見事な仕上がりの粕取り焼酎を熟成させることで、どんな味わいや香りが生まれるのだろうか」。ただひたむきにその味わいや香味を想像しながら、来る日も来る日も耐え忍ぶこと50年。2024年、ついに幻となっていた熟成酒が、世に放たれる。

神響 shinkyo 50年 神響 shinkyo 50年

50年の時を経て、
人智を超えた味わいが紡がれる。

グラスへ注ぐと広がるのは、酒粕由来の甘さと燻したもみ殻を思わせるふくらみのある香りを融合させたビターな芳しさ。50年という熟成年数によってもたらされた柔らかな口当たりが、30度以上のアルコール度数を忘れさせるほど滑らかに口内に広がる。そして圧倒的な存在感を見せる、凝縮されたお米由来の奥ゆかしく芳醇な旨み。「時間」という人智を超えた力が紡いだ神秘の味わいが、貴方の舌に鮮烈な記憶を刻み込む。

購入方法

本商品は数量限定商品につき抽選販売となっております。
本ページよりお申し込みいただき、当選されたお客様には、7月17日以降順次ご購入のご案内をお送りいたします。

申し込み期間:7月3日(水)17時 〜 7月17日(水)13時
応募の時点では料金は発生しません。
※広告ブロック機能をご利用の場合、
応募フォームが表示されない場合がございます。

造り手

明治5(1872)年に創業し、150年以上の歴史をもつ梅錦山川。蔵がある金田町金川はかつて梅林で有名な地であり、「梅錦山川」の蔵元名はその梅の花に由来しています。「新しい、おいしい、作ります。」をコンセプトに、料理との相性がいい食中酒としての役割を追求し続ける酒蔵です。

今回の限定酒を販売できたのは、
確かな実績を誇る「梅錦山川」だからこそ。

令和5酒造年度全国新酒鑑評会 金賞(33回受賞)

数量限定抽選販売
神響 shinkyo 50年
110,000円(税込)
神響 shinkyo 50年
数量限定抽選販売
神響 shinkyo 50年
110,000円(税込)
商品タイプ
焼酎
製造元
梅錦山川
アルコール分
34%
容量
720ml
原材料
酒粕
購入方法

本商品は数量限定商品につき抽選販売となっております。本ページよりお申し込みいただき、当選されたお客様には、7月17日以降順次ご購入のご案内をお送りいたします。

商品発送について

「神響 shinkyo 50年」は2024年8月下旬以降、順次発送となります。他の商品も同時にご注文いただけますが、「神響 shinkyo 50年」と一緒にまとめての発送となります。

申し込み期間:7月3日(水)17時 〜 7月17日(水)13時
応募の時点では料金は発生しません。
※広告ブロック機能をご利用の場合、
応募フォームが表示されない場合がございます。