TOP 持続可能な酒造り

持続可能な酒造り SUSTAINABILITY


日本酒や果実酒や焼酎を飲むことで、地域どれだけ貢献できると思いますか。

例えば、精米歩合60%の日本酒1800mlを1本造るのに、どれくらいのお米が必要になるでしょうか。また、そのお米を作るのにどれくらいの田んぼが必要になると思いますか。※精米歩合とは、米(酒米)の削り具合のことです。

答えは「約4㎡分(畳2帖以上)」のお米が必要と言われてます(これはもちろん農家や酒蔵により差はありますが)。つまり精米歩合60%の純米酒、1800mlを1本飲むことで、田んぼ4㎡(畳2帖以上)を救うことができるのです。


私たちの取引先であるパートナー酒蔵の多くが、地元農家と提携してお米作りから一緒に行っています。地元の「耕作放棄地」の削減につながる酒造りを行っています。耕作放棄地とは、農作物が1年以上作られず、農家が数年のうちに農作物を作る予定がない田畑のことです。

全国各地の農家が作ったお米を使用した日本酒を飲めば飲むほど、酒米の栽培量が増えて、耕作放棄地が減っていく。田んぼが維持されることで、生き物の維持にもつながるのです。

これは日本酒だけでなく、果実からは果実酒、穀物からは焼酎と、あらゆるお酒に共通していると考えています。お酒は、米や穀物、果実など自然の実りがなければ造れません。

私たちは「酒造りは農業から」の信念のもと、全国の酒蔵や農家と協力して、持続可能な酒造りを目指していきます。酒造りの立場で地域の農業に貢献することが、地域社会の未来につながります。

ずっとおいしいお酒が造られ続けていくように。