オール滋賀の原料で醸した
「近江牛」に合う近江の辛口日本酒

昔ながらの製法で、手間ひまかけて醸した近江の辛口日本酒です。仕込み水由来の柔らかい口当たりに加え、現代的な切れ味の良さと、酸味がアクセントになった味わいは、地元近江の名産「近江牛」にも良く合います。

近江CLASSIC DRY

¥1,790 (税込)
昔ながらの製法で、手間ひまかけて醸した近江の辛口日本酒です。仕込み水由来の柔らかい口当たりに加え、現代的な切れ味の良さと、酸味がアクセントになった味わいは、地元近江の名産「近江牛」にも良く合います。
サイズ
昔ながらの製法で、手間ひまかけて醸した近江の辛口日本酒です。仕込み水由来の柔らかい口当たりに加え、現代的な切れ味の良さと、酸味がアクセントになった味わいは、地元近江の名産「近江牛」にも良く合います。
8,800円以上で送料無料 詳細
  • 近江CLASSIC DRY
  • 近江CLASSIC DRY
  • 近江CLASSIC DRY
  • 近江CLASSIC DRY

この商品について

昔ながらの造りで醸す
辛さ際立つ近江の辛口日本酒

近江CLASSIC DRY 昔ながらの造りで醸す
辛さ際立つ近江の辛口日本酒
江戸時代から伝わる昔ながらの造り、「生酛造り」を用いた辛口の日本酒です。「生酛造り」とは、蔵に住み着く乳酸菌を用いて造る製法を言います。野生のパワーを取り込むことによって、味わいに力強さやコクが生まれ、肉料理と相性の良い日本酒に仕上がります。特に、同じ近江のブランド和牛「近江牛」とお楽しみいただくのがおすすめです。上質な肉の油と、辛口な味わいが互いの良さを引き立て合う、相性ピッタリな組み合わせです。

日本三大和牛のひとつ「近江牛」

近江CLASSIC DRY 日本三大和牛のひとつ「近江牛」
和牛ブランドは全国で300以上あると言われています。その中でも、日本の三大和牛と称されるのが、「近江牛」「神戸牛」「松坂牛」です。三大和牛の中で圧倒的な歴史を持つ和牛ブランドでありながら、他のブランド和牛と比べても非常にリーズナブルな価格で手に入ります。肉質がきめ細やかで柔らかく、頬張ると甘みのある上品な肉の脂が口の中でとろけます。

現代でも大切にされる
近江商人の「三方よし」の理念

近江CLASSIC DRY 現代でも大切にされる
近江商人の「三方よし」の理念
近江とは現在の滋賀県にあたります。淡水湖の琵琶湖があることから淡海(あわうみ)とよばれ、音が変化して近江(おうみ)とよばれるようになったと言われています。「大坂商人」、「伊勢商人」と並ぶ三大商人の一つである「近江商人」はここ近江に本拠を置いていました。近江商人の経営理念であった「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の「三方よし」の理念は、現代でも時代を超えて重要視されています。
アルコール度数 15 %
原料米 麹米/山田錦(滋賀県産)
掛米/みずかがみ(滋賀県産)
精米歩合 60 %
日本酒度 5
酸度 1.7
アミノ酸度 1.5
製造元 福井弥平商店

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

味わいマップ

濃醇辛口
濃醇甘口
淡麗辛口
淡麗甘口

おすすめの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

ペアリング

合う料理 ステーキ、デミグラスソースハンバーグ、油淋鶏

お客さまの声

Customer Reviews

Based on 3 reviews
100%
(3)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
智.渡.
酒ガチャに入ってました。

辛口でしっかりとした味わいの日本酒でした!
肉料理に合うとのことだったので、餃子と一緒にいただきました!
もっとガッツリ系の肉でも合いそうですが、餃子との相性もよかったです。
今回は常温でいただきましたが、冷やしてほうが好みかも。

瑠.熊.
食事に合う

さっぱりした優しい辛口でとても飲みやすく、主張が強くないので色んな食事に合いました。本当に飲みやすいので初心者に向いてると思います。

s
sx3
コスパよき

酒ガチャに入っていた
720mlを一瞬で飲みきってしまった。
辛すぎず味は強すぎず、そしてさっぱりし過ぎず、肉料理と合いそう。
焼き鳥缶詰と飲んだが、もっと油のある肉を肴にしてと飲みたいと感じた。
個人的に辛めが好きなのでコスパがよいというのも良き。