新潟県

Single Origine Sake 魚沼

「Single Origine Sake 魚沼」は、魚沼が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。

Single Origine Sake 魚沼

「Single Origine Sake 魚沼」は、魚沼が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯をストーリーと共にお楽しみください。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 16%
原料米 一本〆(新潟県魚沼産100%使用)
精米歩合 60
日本酒度 +3
酸度 2
アミノ酸度 0.8

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

Single Origine Sake 魚沼 生

「Single Origine Sake 魚沼」は、魚沼が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯をストーリーと共にお楽しみください。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 16%
原料米 一本〆(新潟県魚沼産100%使用)
精米歩合 60
日本酒度 +3
酸度 2
アミノ酸度 0.8

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯「Single Origine Sake」


 
「Single Origine Sake 魚沼」は、魚沼が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。
 
魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯をストーリーと共にお楽しみください。

Single Origine Sake(シングルオリジンサケ)


 
「Single Origine Sake(シングルオリジンサケ)」とは、品種の違うお米をブレンドすることなく単一農家の米のみを原料にした日本酒のことを指します。
 
米農家は土壌に合った品種を、その土地の気候環境にあった栽培方法でつくっているため、おのずと米にもその土地ならではの個性が生まれます。また、農家の顔が見える日本酒は、追跡可能性(トレーサビリティ*)にも優れ、安心安全な日本酒と言えます。
 
*商品の生産から消費、廃棄段階まで追跡が可能な状態のこと。

「Single Origine Sake 魚沼」


 
「Single Origine Sake 魚沼」は、魚沼が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯をストーリーと共にお楽しみください。

米農家の顔が見える日本酒


▲写真右 若手農家・小岩氏
 
「Single Origine Sake 魚沼」の原料である酒造好適米・一本〆をつくるのは、魚沼の若手農家・小岩氏。
  
小岩氏は、高齢化が進み水田を手放したい農家さんの水田を積極的に使い、魚沼市に貢献したいとの想いで米づくりをおこなっています。また、新潟で開発された一本〆は生産量が少なく、とても希少なお米です。
  
一本〆には“新潟の地で新潟で開発された酒米にこだわりたい”との小岩氏の強い想いと情熱が込められています。

米農家と蔵元の魚沼への想いが詰まった酒米


 
原料に使用した「一本〆」は、魚沼の米農家・小岩氏と蔵元である風間氏が、高齢化で米作りから離れていく米農家に働きかけ、「一本〆」を育てることで”魚沼の美しい景観を守りたい”と考えつくられた酒造好適米です。
  
「Single Origine Sake 魚沼」は、そんな造り手たちの想いとストーリーが込められた酒米を原料に使用しています。
 

魚沼の大地が育んだ天然の湧き水


 
日本酒づくりに適した理想の水として、酒蔵より2キロ先の裏山より湧き出ている大清水を仕込み水に使用しました。水質はきわめて軟水(31ppm)に分類され、鉄分のないすっきりと綺麗なお水です。軟水は浸透が早く吸収性に優れており、米の旨み、香りを引き出しやすく、酒造りには最適とされています。
  
八割が水で出来ている日本酒において、「Single Origine Sake 魚沼」は魚沼の大地が育んだ上質な仕込み水にこだわりました。

魚沼の米と相性の良い「新潟限定酵母」


 
日本酒の味わいに大きな影響を与える酵母には、新潟県でしか使用することが出来ない新潟限定酵母「G9CRNF酵母」を使用しました。魚沼の米と相性の良いものをと研究を重ね選ばれた酵母です。
  
”魚沼で育ったお米本来の味を生かすこと”が「Single Origine Sake 魚沼」の酒造りのこだわりです。

一本の瓶に詰め、込める


 
「Single Origine Sake 魚沼」は、酒蔵で丁寧に瓶詰めされ、手作業で一本一本にラベルを貼って出荷しています。
 
魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップを一本の瓶に詰め、想いを込めて出荷した「Single Origine Sake 魚沼」が、魚沼で育てられた「一本〆」の魅力を伝える一杯として楽しんでいただけたら幸いです。

魚沼が生んだ奥行きのある優しい味わい


 
魚沼が育んだ水と米の旨みと酸味が同居した奥行きのある優しい味わいです。
  
また、お燗にするとお米の旨みがさらに広がり、魚沼で育った米の甘みをより楽しんでいただけます。日々の疲れを癒す晩酌酒としてもおすすめです。

新鮮な山菜料理とのペアリング


 
「Single Origine Sake 魚沼」は、醤油系で味付けした山菜料理など、新鮮な山の幸との相性が抜群です。魚沼の豊かな山の幸の美味しさを引き立てる穏やかな味わいは、日本酒の食中酒としての魅力が詰まっています。

KURANDスタッフから一言


 
“造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯”がコンセプトのブランドです。飲んだ瞬間に、口に広がるお米のふくよかさを感じていただると思います。また、食中酒としても活躍するブランドです。ぜひとも、お料理とのペアリングをお楽しみいただければと思います。

お客さまの声

ラベルの「魚沼」の文字が印象的でした。お米・水・造り手がすべて魚沼にこだわっているそうです。お米の旨味をしっかり感じることができて、大変満足できる逸品でした。 30代女性

造り手からのコメント


 
玉川酒造の蔵人は全員地元魚沼市の出身です。社員一同地域の誉れとなるお酒を造りたいと思っております。魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯がここにあります。是非そんな想いを感じて頂きながらご賞味下さい。

SAKAGURA

玉川酒造(新潟県)

1673年(寛文13年)から続く玉川酒造は、全国でも有数の豪雪地帯にあり、その雪を利用し県内でもいち早く雪中貯蔵を始めた酒蔵。今一度酒造りを改め、「日本酒を通して健康に楽しく」をテーマに地域・人・風土を活かした酒造りに取り組んでいる。2015年には地元農家と協同で、田植えから稲刈りまでを魚沼出身の蔵人全員で行ない収穫した、魚沼産五百万石で醸した<オール魚沼>の「越後一会」が誕生。「越後一会」は雄大な自然と共に育まれた魚沼の風土が生んだ銘酒となる。

関連記事

おすすめ商品

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

岐阜
4

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
5

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

山形
6

梧桐 大吟醸 超辛+10

山形県産のお米を45%まで丁寧に精米した、超辛口の鋭いキレが最大の特長の日本酒です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。

KURANDの商品を買えるのは、KURAND オンラインストアだけ。

KURANDオンラインストアに会員登録していただくと、KURANDオリジナルのお酒が購入できます。15,000円以上で送料無料!

会員登録はこちら