お酒の通販サイト KURAND TOP 日本酒 近畿地方 滋賀県 純米大吟醸 幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版
幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版
幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版
幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版
幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版

酒ガチャ福袋 2022」での限定販売商品です。一般販売の予定はありません。

滋賀県で復活栽培を遂げた希少な品種の酒米を使用した、爽やかで瑞々しい口当たりが特徴の生酒です。3年かかってようやく酒造りにこぎつけた奇跡に近い味わいと晴れやかな金箔で新年の門出を祝いましょう。

幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版 幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版 幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版 幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版
近畿地方
>
滋賀県
クール必須

幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版

純米大吟醸
/
淡麗辛口
アルコール度数14%
¥4,290 (税込)
8,800円以上で送料無料 詳細
※要冷蔵商品のため、お会計お手続の際、クール便をご選択ください。(手数料¥330が発生します)

酒ガチャ福袋 2022」での限定販売商品です。一般販売の予定はありません。

滋賀県で復活栽培を遂げた希少な品種の酒米を使用した、爽やかで瑞々しい口当たりが特徴の生酒です。3年かかってようやく酒造りにこぎつけた奇跡に近い味わいと晴れやかな金箔で新年の門出を祝いましょう。
容量

酒ガチャ福袋 2022」での限定販売商品です。一般販売の予定はありません。

滋賀県で復活栽培を遂げた希少な品種の酒米を使用した、爽やかで瑞々しい口当たりが特徴の生酒です。3年かかってようやく酒造りにこぎつけた奇跡に近い味わいと晴れやかな金箔で新年の門出を祝いましょう。

商品情報

味わいマップ

濃醇辛口
濃醇甘口
淡麗辛口
淡麗甘口

商品情報

アルコール度数 14 %
原料米 短稈渡船(滋賀県産)
精米歩合 50 %
日本酒度 0
酸度 1.5
アミノ酸度 1.5

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

味わいの特徴

幻の酒米といわれた「短稈渡船」を贅沢に50%精米してつくった純米大吟醸酒です。繊細で奥深い吟醸香と、みずみずしくフレッシュな口当たりが特徴です。

ペアリング

上質の素材とシンプルに合わせる

「幻の酒米」が醸す上品でやわらかな旨みは、素材の味わいを感じられるシンプルな味付けの料理と合わせるのがおすすめです。また、お酒の爽やかでみずみずしい香味が、熱々の焼き魚、蒸し料理に清涼感をもたらしてくれます。

合う料理

松風焼き、鰆の西京焼き、小籠包

幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版に合うおつまみ

ストーリー

3年越しのストーリー
蔵人のロマンと情熱で醸された日本酒

情景が思い浮かぶ酒造りを目指して
幻の酒米を復活させた蔵人の物語

幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版 情景が思い浮かぶ酒造りを目指して
幻の酒米を復活させた蔵人の物語

情景が思い浮かぶ酒造りを目指して
幻の酒米を復活させた蔵人の物語

10年程前から復刻栽培された「渡船6号」という酒米。魅力的な味わいを作り出す一方、背丈が高く、栽培が難しいことが難点でした。そこで背丈の低い「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」であればと始まったのがこの復活栽培。「幻の酒米」というだけあって、最初に手に入った種籾(たねもみ)は、わずか7グラム。そこから手塩にかけて育てること3年、ついに酒造りに使えるほどの量を収穫することが出来ました。田んぼ一面に実る「幻の酒米」。3年かけて作り上げられたその景色に、それを作り上げた蔵人に、貴方は何を想うでしょうか。

華やかに広がる
瑞々しく繊細な味わい

幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版 華やかに広がる
瑞々しく繊細な味わい

華やかに広がる
瑞々しく繊細な味わい

口に含むと、爽やかな香りが広がります。これは、火入れと呼ばれる加熱処理をしていない生酒だからこその魅力。瑞々しい口当たりと柔らかな甘みを感じる繊細な味わい、お正月限定の金箔を添えて贅沢にご堪能ください。年末年始の食卓をきらりと輝かせてくれます。

オール滋賀にこだわった
滋賀の情景が目に浮かぶお酒

幻の酒米を復活させた 僕の物語を知ったら、君は何を想うだろうか。2022年お正月限定版 オール滋賀にこだわった
滋賀の情景が目に浮かぶお酒

オール滋賀にこだわった
滋賀の情景が目に浮かぶお酒

滋賀県高島市、琵琶湖の麓に蔵を構える「福井弥平商店」。高島市は、水源に恵まれた町として知られており、酒造りには甘みのある柔らかな味わいが特徴の、比良山系の伏流水を使用しています。地元産の上質な水で醸されたお酒は、まろやかで旨みがありつつ、後味はスッキリとしています。滋賀の豊かな自然に囲まれて生まれたお酒、飲めば穏やかで美しい滋賀の情景が浮かび上がる、「福井弥平商店」では、そんなお酒造りを目指しています。

造り手からのコメント

福井毅さん (代表取締役社長)

僅か7gの種籾からの復活栽培、そして純米大吟醸づくりは手探りの連続でしたが、ついに一つの夢がかないました。酒通垂涎の希少品種の復活記念酒、ぜひご賞味ください。

福井弥平商店

KURANDスタッフの
コメント

地元の農家さんと一緒に「幻の酒米」を復活させた酒蔵さんのストーリーを皆さんにどうお伝えすればよいか。考えつくした結果、このようなお酒が生まれました。「幻の酒米」のもつ自然の恵みと、福井弥平商店さんの地元に根付いた酒造りから醸されるこだわりのお酒、一口飲んだとき、あなたは何を想うでしょうか。ぜひお試しください。
SAKAGURA

福井弥平商店(滋賀県)

琵琶湖と比良山を擁する滋賀県高島市で、260年以上に渡り酒造りを続けている酒蔵。地元の棚田産こしひかりでの酒造りを通じ、棚田保全の取り組みを17年行なっています。また、地元農機具販売会社との協力により化学合成農薬や化学肥料を半分以下に削減することで、環境負荷の低減にも取り組みながら、山田錦や吟吹雪などの契約栽培にも取り組んでいます。地元で育まれた素材を原料に生み出したお酒をお客様に楽しんでいただき、「美味しい」や「嬉しい」が社会や地域貢献など“良いこと”に繋がるという好循環づくりを目指しています。その為にも、「より旨い」を目指して挑戦と変化を続ける精神を大切にしている酒蔵です。

お客さまの声

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)