波兎 春限定ラベル
波兎 春限定ラベル
波兎 春限定ラベル
波兎 春限定ラベル

復活栽培させた「強力(ごうりき)」で醸す、力強い旨味が贅沢な純米大吟醸酒です。口の中で生き生きと広がる濃醇な味わいは、地元で愛される白兎が波の上を跳ねるよう。たっぷり詰まった旨味を贅沢にご堪能ください。

※アンコール販売では「銀箔」は付きません。

波兎 春限定ラベル 波兎 春限定ラベル 波兎 春限定ラベル 波兎 春限定ラベル
中国地方
>
鳥取県
残りわずか

波兎 春限定ラベル

日本酒
/
純米大吟醸
/
濃醇辛口
アルコール度数16.5%
¥4,600 (税込)
8,800円以上で送料無料 詳細

復活栽培させた「強力(ごうりき)」で醸す、力強い旨味が贅沢な純米大吟醸酒です。口の中で生き生きと広がる濃醇な味わいは、地元で愛される白兎が波の上を跳ねるよう。たっぷり詰まった旨味を贅沢にご堪能ください。

※アンコール販売では「銀箔」は付きません。

容量

復活栽培させた「強力(ごうりき)」で醸す、力強い旨味が贅沢な純米大吟醸酒です。口の中で生き生きと広がる濃醇な味わいは、地元で愛される白兎が波の上を跳ねるよう。たっぷり詰まった旨味を贅沢にご堪能ください。

※アンコール販売では「銀箔」は付きません。

商品情報

味わいマップ

濃醇辛口
濃醇甘口
淡麗辛口
淡麗甘口

商品情報

アルコール度数 16.5 %
原料米 強力(鳥取県産100%使用)
精米歩合 40 %
日本酒度 2
酸度 1.3
アミノ酸度 1.2

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

味わいの特徴

伝説の酒米「強力」由来の、苦味・酸味・渋味・甘味が渾然一体となった芳醇な味わいです。飲みごたえがありつつも、キレがあるので飽きずに最後まで愉しめます。

ペアリング

こってりと甘辛い味にぴったり

力強い味わいのお酒なので、甘辛くしっかりとした味付けのお料理とよく合います。鳥取では「あご」と呼ばれているトビウオを使った郷土料理「あご竹輪」も酒の肴としてぴったりです。

合う料理

カレイの甘辛煮つけ、エビの刺身、あご竹輪(トビウオ)

波兎 春限定ラベルに合うおつまみ

ストーリー

伝説の酒米「強力」で醸す
力強く濃醇な味わい

幻の酒米を40%まで精米した
贅沢な純米大吟醸酒

波兎 春限定ラベル 幻の酒米を40%まで精米した
贅沢な純米大吟醸酒

幻の酒米を40%まで精米した
贅沢な純米大吟醸酒

鳥取県発祥の酒米、「強力(ごうりき)」。稲の長さが140㎝以上にもなるという栽培の難しさなどから栽培は途絶え、幻の酒米として知られていました。しかし、蔵元の強い想いから35年ぶりに復活栽培に成功。極限までお米を磨く高精白に耐えられる「強力」の特徴を生かし、40%まで丁寧に精米。技とこだわりを感じる贅沢な純米大吟醸酒です。

造り手の想いが織りなす
力強く濃醇な味わい

波兎 春限定ラベル 造り手の想いが織りなす
力強く濃醇な味わい

造り手の想いが織りなす
力強く濃醇な味わい

「疑似米袋」を底に敷いた甑(こしき)でムラなく仕上げる上質な蒸米、緻密で丁寧な醪(もろみ)の温度管理、炭素ろ過を極力控えて酒本来の旨みを残すなど、酒米の魅力を最大限に引き出す造りにこだわっています。甘み、旨味、酸味などの要素がバランスよく絡んだ、力強く濃醇な味わい。造り手の熱意が込められた極上の1杯を、じっくりとご堪能ください。

波を跳ねる兎のように
生き生きとした旨味を楽しむ

波兎 春限定ラベル 波を跳ねる兎のように
生き生きとした旨味を楽しむ

波を跳ねる兎のように
生き生きとした旨味を楽しむ

蔵のある鳥取県の東部では、波兎(なみうさぎ)と呼ばれる縁起物の図柄が古くから親しまれています。兎は、不老不死や豊穣といった祝い事や、繁栄などの象徴とされており、勢いよく波の上を跳ねる姿から、飛躍を象徴すると言われています。「強力」の魅力がたっぷりと引き出された「波兎」には、波を跳ねる兎のような生き生きとした旨味を感じます。

造り手からのコメント

中川 雄翔さん (蔵人 兼 蔵元)

強力米が姿を消してから35年たった平成元年。たくさんの農家の方々の努力により復刻された強力米を初めて清酒に醸す際、この努力の賜物に応えるため、初年度は最高の酒質を求め40%精米の「純米大吟醸 強力」を造りました。「純米大吟醸 強力」はまさしく復活のシンボルとなったお酒なのです。

中川酒造

KURANDスタッフの
コメント

力強く、芳醇な味わいが魅力のお酒です。波の上を跳ねるうさぎがごとく、生き生きとした米の旨味が愉しめます。
SAKAGURA

中川酒造(鳥取県)

「中川酒造」は、鳥取県東部地域で最も古い歴史をもつ酒蔵。文政11年(1828年)の創業以来、一度も休まず酒造りを続けてきた。平成元年「真の地酒」を生み出すため幻の酒米「強力」を地元農家と協力し、復活させた。以来「強力を育む会」を設立し、強力の純血を守っている。強力の契約農家にはお酒の雑味となるタンパク質減少を目的とした減肥料栽培を徹底して依頼し、お米づくりから始まる酒造りを体現している。伝統的な生酛製法を得意としながら、清酒製造業では最も早くHACCP施設として認定されるなど、先進的な酒造りにも取り組む。

お客さまの声

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)