埼玉県

レンガ造り

深谷銘産「深谷レンガ」の特性を生かして醸された「レンガ造り」は、”深谷の味”をストーリーと共に楽しむために生み出された日本酒ブランドです。青リンゴのようなフルーティーな香りをもち、口中に広がるまろやかでかつキレの良い味わいが特徴です。

レンガ造り 純米吟醸

「レンガ造り」は、レンガのまち・深谷の銘産「深谷レンガ」の特性を生かして醸した、深谷を表現した新ブランドの日本酒です。深谷市は、かつて日本煉瓦製造株式会社の工場があり、そこで生産された良質なレンガは、東京駅や赤坂離宮の建設にも使用されていました。また、レンガを使用した落ち着いた街並みから、深谷市は「レンガのまち」とも呼ばれています。そんな深谷レンガの特性を酒造りに生かして生み出されたのが「レンガ造り」です。青リンゴのようなフルーティーな香り、口中に広がるまろやかでかつキレの良い味わいに仕上がりました。

味わいマップ

香りが高い 味が淡い 味が濃い 香りが低い

商品情報

アルコール度数 17%
原料米 彩のかがやき(埼玉県産)
精米歩合 60
日本酒度 +2
酸度 1.4
アミノ酸度 1.1

オススメの飲み方

熱燗
ぬる燗
常温
ロック

レンガのまち・深谷の酒蔵が醸した日本酒


 
深谷銘産「深谷レンガ」の特性を生かして醸された「レンガ造り」は、”深谷の味”をストーリーと共に楽しむために生み出された日本酒ブランドです。
 

 
深谷市は、かつて日本煉瓦製造株式会社の工場があり、そこで生産された良質なレンガは、東京駅や赤坂離宮の建設にも使用されていました。また、レンガを使用した落ち着いた街並みから、深谷市は「レンガのまち」とも呼ばれています。

レンガの塔をモチーフにしたラベルデザイン


 
滝澤酒造は、蔵もお酒も「レンガ造り」。それを漢字一文字で表すかのように、レンガの塔を中央に配した象徴的なデザインに仕立てました。版画でレンガの質感を出し、酒造りにこだわるクラフトマンシップを表現しています。新しいことにチャレンジしつつ、あくまでも日本酒にこだわる姿勢から、モダンな和をテーマにデザインしました。

深谷レンガを生かした酒造り


 
酒造りは麹造りが酒質に大きな影響を与えます。「一麹二酛三造り」と言われるほど、麹は日本酒の酒質の中で一番影響を与える大切なものです。滝澤酒造では、麹室の壁にレンガを用い、レンガの保温・保湿効果を利用した麹造りを伝統的に行ってきました。保温・保湿性に優れたレンガ製の麹室は、繊細な温度管理を求められる麹造りに最適で、良い麹を安定して作ることができます。

多数の受賞歴が証明する確かな技術


 
滝澤酒造は、日本の全国新酒鑑評会で通算13回の金賞受賞と、海外のインターナショナルワインチャレンジで3回の金メダル受賞歴を誇ります。多数の受賞歴が証明する”確かな技術”から生み出された”深谷の味”が堪能できます。

香り高く、清らかな味わい


 
「レンガ造り」は、青リンゴのようなフルーティーな香りをもち、口中に広がるまろやかでかつキレの良い味わいが特徴です。滝澤酒造が目指す香り高く清らかな味わいは、”深谷の味”と呼べる仕上がりになりました。

KURANDスタッフから一言


 
「レンガ造り」は、深谷レンガの特性を酒造りに生かした、ストーリーと共にお楽しみいただけるブランドです。また、蔵元である滝澤英之さんの「”深谷の味”をたくさんのかたに知っていただきたい。」との熱い思いがこもったお酒でもあります。地域の特色と酒蔵のこだわりが見事に混ざり合った「レンガ造り」を是非ご賞味ください。
 

お客さまの声

まず最初に感じたのがフルーティな香りでした。口に含むとお米の旨味が口にしっかり広がって、後味もすっきりとしつこくなく、すごくバランスのいい日本酒だと感じます。ぜひ試してみてください。 20代女性

造り手からのコメント


 
滝澤酒造代表取締役兼杜氏の滝澤英之と申します。今回、原料米「彩のかがやき」の魅力を充分に伝えるために初めて「きょうかい1801酵母」を使いました。弊社主要銘柄の「菊泉」は料理を引き立てる脇役的な存在の酒ですが、この酒はキラリと光るバイプレーヤーのようなお酒です。

SAKAGURA

滝澤酒造(埼玉)

1863年に埼玉県小川町で創業し、明治33年に地の利と水の利を求めて、埼玉県深谷市に移転した滝澤酒造。創業以来、品質本位の酒造りを続け、すべての酒造りにおいて箱麹法という伝統的な製法を採用している。酒造りの心臓部ともいえる麹室は現在の東京駅でも使用されている深谷産のれんが製。伝統的な製法と歴史的な建造物のなかで、先人の技を継承し、ここ数年間で全国新酒鑑評会4回連続金賞受賞、IWC2年連続金メダル受賞と高い評価を受けている。日本酒の未来を見据える埼玉の実力蔵。

関連記事

おすすめ商品

ランキング

新潟
1

酒を売る犬 酒を造る猫 純米吟醸酒

宝山酒造の5代目蔵元・渡邊氏が酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドです。

福島
2

理系兄弟 純米吟醸

日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒です。

兵庫
3

Rice Wine Te-hajime

最初の一杯目に飲んでもらいたい、食前酒としておすすめの日本酒です。

埼玉
4

鈴木 彩のかがやき 2017

醸造家・鈴木隆広氏が人生初めて伝統的な製法「生酛造り(きもとづくり)」に挑戦した日本酒です。

岐阜
5

29 純米吟醸 無濾過原酒

肉と合わせても味が同調し合うよう、搾った後に短期間瓶内熟成させ、味わいを調整しました。

埼玉
6

酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸

甘口の日本酒に対する酒蔵のひとつの思いから生まれた、オール埼玉県産の日本酒です。

INSTAGRAM

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック。オトク情報も

MAIL MAGAZINE

オトクな情報をいち早くお届けします。